Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人の独走許すセ5球団の不甲斐なさ…「CSは廃止せよ」と言い続ける理由【権藤博の「奔放主義」】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【権藤博の「奔放主義」】  もし、今年のセ・リーグにクライマックスシリーズ(CS)があったらと思うと、ゾッとする。  ソフトバンクとロッテが熾烈な優勝争いを繰り広げるパ・リーグとは対照的に、首位を独走する巨人と2位中日のゲーム差は実に12・5。3位阪神も14ゲームの大差をつけられている。コロナ禍で中止になっていなかったら、中日や阪神の選手ですら「どのツラを下げてCSに出ればいいんだろう」と複雑な思いを抱いたのではないか。  2012年の私がそうだった。中日の一軍投手コーチに復帰し、シーズンは2位。ヤクルトとのCS第1ステージを突破して、最終ステージではリーグ優勝した巨人に3連勝で王手をかけた。しかし、シーズンでは巨人に10・5ゲーム差をつけられる惨敗だっただけに、「胸を張って日本シリーズに臨んでいいものか」と自問自答した。  もちろん、せっかくの敗者復活の機会をムダにはできない。一度は死んだ身、と選手も私も開き直って戦った。それが3連勝という結果になったのだが、4戦目からの3連敗で終戦を迎えた際は、「やはり巨人は強かった」と素直に拍手を送るとともに、ホッとしたのが正直なところだった。  今年の巨人は間違いなく強かった。ただし、大差をつけられる中日、阪神、そして4位のDeNAまでは、戦力的に大きな差があったとは思えない。巨人の強さと同時にセ5球団の不甲斐なさも際立つ。  捕手出身の矢野監督が率い、守りの野球を掲げながら、12球団ワーストの70失策を記録する阪神は、ベンチの采配も用兵も一貫していないように映る。いい投手力を持つ中日だって、ようやく貯金3というチームでは本来はない。豊富な駒を生かし切れていない印象である。 ■「12球団の半分」はおかしい  それでも、CSになれば、番狂わせは起きる。過去に何度か“下克上”があったように、負けてもともとのチームにはプレッシャーがない。  巨人独走の今年の展開で、万が一、いや、確率的にはもっと高い下克上が起きたら、巨人ファンでなくても釈然としないのではないか。少なくとも私は納得できない。今季の中日や阪神が、日本シリーズ進出にふさわしいチームとは言えないだろう。  30球団もある米メジャーと違い、12球団しかない日本のプロ野球で、そのうちの半分に日本シリーズ進出の可能性を残すCSは、どう考えてもおかしい。CSは、消化試合をなくすという営業的目的は果たせても、もっと大事なペナントレースの重みを無にする。CSは廃止すべき――とこれからも言い続ける。 (権藤博/野球評論家)

【関連記事】