Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鉄道ファンもびっくり? 京葉線「舞浜」駅の地名に新説登場、一体どちらが正しいのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

としまえんの閉園、テーマパークの時代

 練馬区にある遊園地「としまえん」が、2020年8月31日(月)をもって94年間の歴史に幕をおろしました。 【画像】ディズニーランドで最も混雑する時間・エリアは? 11~12時台がエグイ(8枚)  としまえんは、長らく未就学児童でも楽しめる遊園地として親しまれてきたため、懐かしい思い出を抱く人も多く、その閉園を惜しむ声は絶えません。  一方、レジャーは時代とともに多様化。遊園地も大規模化。東京都内には、あらかわ遊園(荒川区西尾久、リニューアル工事のため休園中)といった地元住民から愛される小規模な遊園地もありますが、いまや遊園地は「テーマパーク」の時代が本格化しています。

テーマパーク界の雄、ディズニーランド

 国内のテーマパーク界をけん引する存在で誰もがすぐに思い浮かべるのが、千葉県浦安市に所在する東京ディズニーランドと東京ディズニーシーです。ふたつは、世界でも有数の来園者を誇るテーマパークといえます。  2001(平成13)年にオープンを果たした東京ディズニーシーは間もなく20年の歴史を数えますが、1983(昭和58)年に開園した東京ディズニーランドの歴史はその倍近く。その年月の分だけ数多くの老若男女を魅了してきました。  東京ディズニーランドの来園者数は、開園から1年がたたないうちに1000万人を突破。その後も人気は増すばかりで、現在は年間来園者数が1800万人超にも及びます。  そして、その人気は国内の来園者だけではなく、海外からも来園者を呼び寄せるほどです。

ディズニー所在地名、なぜ「舞浜」に?

 東京ディズニーランドへアクセスするには、自家用車をはじめ直通バスなどがありますが、京葉線を使うのが一般的です。  東京駅から京葉線に乗車すると、15分前後で舞浜駅(千葉県浦安市)に到着します。こうした立地面もあって、東京ディズニーランドは千葉県浦安市に所在しながらも、東京と深い関係を築いてきました。  しかし、東京ディズニーランドが開園した当初、まだ京葉線は開業していません。京葉線は一部区間が貨物専用線として供用されているだけでした。  そのため、東京ディズニーランドへのアクセスは決してよくなかったのですが、それでも連日に渡って多くの来園者を集めました。そうしたところも、東京ディズニーランドが高い人気を誇っていたことをうかがわせます。  現在、東京ディズニーランド・シーの玄関駅になっている京葉線の舞浜駅は、1988(昭和63)年に開業。2年後には東京駅まで延伸を果たし、東京都心部と直結します。  バスによる来園は渋滞にも巻き込まれるなど不便をこうむっていましたが、京葉線によって、アクセスは飛躍的に向上し、所要時間も大きく改善されました。  東京ディズニーランドの玄関駅にもなっている舞浜駅は、計画時点では「西浦安駅」という仮称になっていました。  最終的に地名をそのまま採用して舞浜駅となったわけですが、同地は埋め立て地のために最初から「舞浜」という地名が存在したわけではありません。埋め立て事業によって、新たに「舞浜」という地名が考案されたのです。

【関連記事】