Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【androp×Creepy Nuts ライヴレポート】『SOS! 2020』2020年6月25日 at スタジオライヴ

配信

OKMusic

 “SOS! 2020”という公演タイトルを見れば、現在コロナ禍の真っただ中にある全人類の想いを代弁したものだととらえるのが普通だろう。だが、実は「SOS!」とは、2017年にandropがリリースしたCreepy Nutsとのコラボシングルのタイトル。この2組が、今、開催するストリーミングライヴの命名として、これ以上に相応しいものはない。 androp×Creepy Nuts 配信ライヴのその他の写真  ロックバンドのandropとヒッポホップユニットのCreepy Nuts。まったくジャンルが異なるのだが、前述のコラボシングルを筆頭に、andropの10周年ライヴにCreepy Nutsが参加したりと交流は深い。次々にライヴやイベントが中止になる中、2組が交互に演奏する形式で生配信するというアイディアをanropの前田恭介(Ba)が思いついた瞬間、“とりあえず(Creepy Nutsの)R-指定に電話した”という当日のMCからも、その関係性の強さがうかがえるだろう。  かくして迎えた6月25日。2組のメンバーがスタジオに入室し、大量の機材を背に円形に陣取ると、まずはR-指定が左手を高く掲げて、“画面の向こうのみなさん、俺と一緒に指を掲げてください”と誘う「数え唄」でライヴは幕開けた。《Creepy Nuts、androp、お前ら、三つ巴の対戦、いざ開幕!》と歌い替えて意気込みを示す彼に、スリリングなDJプレイで魅せるDJ松永のみならず、andropメンバーが体を揺らして“Ho、Ho、Ho!”とオーディエンスの分までコール&レスポンスしてくれるのは、今回の特殊な形式ならでは。そして、R-指定の高速マシンガンラップが頂点に達するや、内澤崇仁(Vo)が“こんばんは。andropです”と挨拶して、サポートの佐藤雄大によるピアノ演奏を軸にリアレンジした「SOS!」を入れ替わりに贈る。ジャジーにお洒落なサウンドはセピアがかった画面にもぴったりで、音源ではR-指定が担当しているラップパートも《自粛してコロナと戦って、いくつものライヴなくなってしまった》《辿り着いた今日、配信ライヴ!》などと歌い替え。間奏のベース/ピアノソロをはじめ、丹念に紡ぎ上げられたひとつひとつの音に、画面の向こうまでしっかりと音楽を届けようという彼らの想いを感じ取ることができた。  10周年ライヴ以来これが5カ月振りのステージというandropは、リハーサルまで3カ月半メンバー同士で会うこともなかったということで、佐藤拓也(Gu)も“もはや今、再結成状態!”と苦笑い。“久しぶりに生音聴いて、生ってこんなにいいんだなって改めて感じた”としみじみ語る内澤に、ライヴは2月以来というDJ松永も“爆音に体が慣れないよね。こんな豊かなロー、自宅で喰らわない!”と応えて場を和ませる。また、視聴者のコメントをその場で確認して、“生だったの?”という反応に“酷い!”と嘆き、“始まる前の緊張感すごかったもんね”と弁明するひと幕も。こういった画面越しのコール&レスポンスや、その後10分近くに及んだ両者のフランクなトークも、コロナ共存時代の新たなエンターテイメントと言えるかもしれない。  続いて、赤いライトがセクシーに彩る「よふかしのうた」(Creepy Nuts)に、温もりある紫のライティングとクラップでポジティヴオーラを振りまく「Yeah! Yeah! Yeah!」(androp)と、お互いの曲を交互に紹介し合って1曲ずつプレイしていくことに。相手のパフォーマンスに向き合いながら身体を遠慮なく揺らし、その熱を自分のターンへとフィードバックする流れは配信ライヴだからこそ成立するもので、その相乗効果は抜群。メンバーの表情や演奏する指先まで間近で観せてくれるカメラワークも臨場感満点で、今、同じ瞬間を共有しているのだという実感を抱かせてくれる。“今日の主役は画面の向こうのお客さん皆様。我々アーティストは助演男優賞でございます”と前置いてCreepy Nutsが「助演男優賞」を勢いよく放てば、andropの「Paranoid」では《今日の現実と失った僕らの自由》《1つの音階で僕らは夢を見た》というフレーズが胸を鷲掴み。リアルな状況を踏まえての選曲やパフォーマンスもグッと心に染みて、歌い終えて“いいですね、この感じ”と漏らした内澤の言葉に、全力で頷きたくなる。  配信という状況を逆手に取った新たな試みに、発案者の前田が“普段のツーマンだと転換があって対決みたいな感じになりがちだけど、こうやって一緒に作るのが新しい”と手応えを口にすれば、内澤も“ロックとヒップホップという取り合わせで配信するのも日本初だと思う”と明言。11月の日本武道館ワンマンに“絶対行きたい”と熱望する内澤のCreepy Nutsフリークぶりが明かされたりと、緩すぎるトークに“どうやって曲いく?”と戸惑う場面もありつつ、“自粛期間中も心かき乱されたものは、やっぱり音楽、ヒップホップ”と後半戦に導いたR-指定のMCスキルもさすがである。そうして始まった「阿婆擦れ」ではDJ松永の煽情的なスクラッチを受けて伊藤彬彦(Ds)もリズムを刻み、画面には“I love hip hop!”とぶち上げるR-指定を見やる内澤の満面の笑顔が。こんな思いがけない表情を目撃できるのも、配信ライヴならではのお楽しみだろう。  さらにandropがしっとりと、そして真っ直ぐに届けた「Hikari」を受けて、“暗い空気を吹き飛ばして、また日が昇ってくる瞬間が見れたらいいなと思っています”とR-指定が歌い始めたのは「朝焼け」。ストイックなラップが胸に刺さる壮大なナンバーから一転、テレビドラマのオープニングテーマにも抜擢された「オトナ」が続けば、コメント欄には喜びの声があふれ、音ハマりのいいラップに思わず舌を巻く。対照的な2曲を並べた彼らに負けじと、“新曲やります”と宣言したandropは、まず未発表の新曲「Lonely」をプレイ。海の中に潜ったかのような佐藤のギターが印象的で、夏の気怠げな情景を描く歌詞といい、これからの季節に打ってつけのナンバーだ。そんなアンニュイな空気を打ち破るかのように、ライヴ定番曲「Voice」のイントロが鳴ると、コメント欄は即座に“来た!”と反応。コーラスパートに合わせて“うぉーおおおおー”の文字が並び、タオルを振って飛び跳ねるR-指定もカメラの向こうにマイクを差し出す。《今の自分を好きでいたい》《大事なものはすぐ側にあるよ》――何度もライヴで聴いてきたお馴染みのフレーズが、こんな時だからこそ強く胸に刺さり、そして、この曲が愛される理由を再確認させてくれる。  画面越しの大喝采を受けて、“最後はもちろんCreepy Nutsとandropでこの曲いきましょう!”という号令から伊藤のカウントがスタジオに響き、雪崩れ込んだのは「SOS! feat.Creepy Nuts」。R-指定の快活なラップに対し、内澤は《自粛した奴勝ち組!》と即興で歌詞を変え、DJ松永からギターの佐藤へとソロを繋げば、コメント欄には“めちゃ楽しい!”の声が。全員でサビを大合唱して“今度はまた直接会えることを願ってます!”と内澤が締め括ると、メンバーは口々に“楽しかった”と漏らし、“お疲れ様でした!”と笑顔でステージを去った。  “みんなで音を鳴らすって、ちょっと感動してる。久々すぎて”(内澤)、“もうちょっとありがたみを持って普段ライヴをやっていれば良かった”(DJ松永)といったMCでの発言が示すように、誰もが“当たり前”の尊さを痛感した今回のコロナ禍。裏を返せば、音楽をやる、作る、聴く、体感する喜びを、今ほど繊細かつ痛烈に感じ取れる時はないだろう。あなたにとって、本当に大切なものは何か? 音楽とはどういった存在なのか? クリエイティブな試みを通して、そんな問いを投げかけてくれた彼らに心から感謝したい。 取材:清水素子 セットリスト ~OPENING~ 1.数え唄:Creepy Nuts 2. SOS! (billboard ver.):androp 3.よふかしのうた:Creepy Nuts 4. Yeah! Yeah! Yeah!:androp 5.助演男優賞:Creepy Nuts 6. Paranoid:androp 7.阿婆擦れ:Creepy Nuts 8. Hikari:androp 9.朝焼け:Creepy Nuts 10.オトナ:Creepy Nuts 11. Lonely:androp 12. Voice:androp 13. SOS! feat. Creepy Nuts:androp

OKMusic編集部

最終更新:
OKMusic