Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

井上尚弥もロマチェンコ戦の判定に疑問「???」クエスチョンマーク3連発

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「ボクシング・世界ライト級王座統一戦」(17日、ラスベガス)  ライト級主要4団体の王座統一戦が17日(日本時間18日)、米国ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンターで開催され、IBF世界同級王者のテオフィモ・ロペス(23)=米国=が下馬評を覆す3-0(116-112、119-109、117-111)の判定で、3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(32)=ウクライナ=に勝ち、ライト級史上初の4団体統一王者となった。ロペスは手数は出したものの、有効打ではロマチェンコが上回っており、大差の判定には疑問の声がわき上がっている。 【写真】奇跡のツーショット!井上尚弥とロマチェンコがガッチリ握手  WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(27)=大橋=も判定が出た直後に自身のツイッターを更新。「???」とクエスチョンマーク3連発だけを記し、最大10ポイント差の付いた判定への疑問を示した。  ライト級頂上決戦となる試合はWBAスーパー、WBCフランチャイズ、WBO王座を持つロマチェンコに対し、IBF王者のロペスが前に出て圧力をかける。ロマチェンコは抜群の防御技術でパンチはもらわず、手数は少ないながらも的確に合わせた。しかしパンチ数の差が響いたのか、ジャッジは3人ともロペスを支持した。  世界的権威を持つ米リングマガジン誌の「パウンド・フォー・パウンド」(全選手を同一体重と仮定)ランキングで現在、ロマチェンコが2位、井上は3位にランクされている。今回の試合結果を受けてこの順位が変動する可能性もある。  また、今回の試合が開催された「ザ・バブル」ことMGMグランド・カンファレンスセンターは31日(日本時間11月1日)に井上がジェーソン・モロニー(オーストラリア)を迎えてラスベガスデビュー戦を迎える会場でもある。試合前には「MONSTER」井上の紹介VTRも流れた。

【関連記事】