Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

再開したUSJ“絶叫はNG”でキャラクターとは“エアタッチ” テーマパークの新しい楽しみ方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MBSニュース

6月8日、約3か月ぶりの開園となったユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)。新型コロナウイルスとの共存が求められる新たな日常では、テーマパークでの楽しみ方も以前とは少し様子が違うようです。

まずは入場を制限して再開

6月8日午前10時に再オープンしたUSJ。待ちわびた客の行列はなく、静かな再開となりました。それでも来場者の気持ちは上がっているようで… 「ずっと家に居がちで、やっと外ではしゃげるのでワクワクしてます。ハリーポッター、アトラクションを乗りまくりたいです。」(女性2人組) 「子どもがセサミのドライブをするのをすごく楽しみにしてるので、それを親が見るのも楽しみの1つです。」(母親) (Q何が好きですか?) 「ティムちゃん」(子ども)

6月8日~6月14日は入場者を制限するため、大阪府在住で年間パスを持ち、事前登録を行った人に限定されています。それを知らずにパークの前まで来た人は… 「年パスを持っていたらいけると思ったんですけど…。コロナなので、そんな残念というか誰が悪いというわけではないので、一般の再開まで待ちます。」(事前登録を忘れた人)

キャラクターともソーシャルディスタンス

今年2月、大阪で新型コロナウイルスのクラスターが発生するなど感染が広まり、USJなどの遊園地も休業を余儀なくされました。そして、5月23日に大阪府で休業要請が解除されたことを受けて、再開に向けた準備が進められてきました。

「アトラクションへ進む通路の地面には立ち位置を示す印が貼られ、乗車前と後にはアルコール消毒をしてもらいます。」(記者リポート)

アトラクションは客が乗るごとに消毒などの感染対策がとられ、さらにジェットコースターの乗客にはマスクの着用を求め、「絶叫は控えるよう」呼びかけられています。さらに…

「見てください!エルモがいましたよ。ただ、エルモとの間にもソーシャルディスタンスが図られていて、触ることはできません。」(記者リポート) キャラクターとは“エアタッチ”という形で、触れることはできませんが、写真は今までどおり撮影できます。

【関連記事】