Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゆっくりなのにめちゃくちゃ飛んでた! 今こそ眺めたい「ビッグイージー」アーニー・エルスのスウィング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

メジャー4勝、欧州ツアーで2度の賞金王と世界中で活躍した南アフリカ出身のアーニー・エルス。ゆったり振っている印象なのに300ヤードを超える飛距離で「ビッグイージー」と呼ばれたそのスウィングを、プロゴルファー・中村修が振り返る。 アーニー・エルスのドライバー連続写真

動きの順序が整っているから中心はゆっくりでも末端は高速で動く

1969年生まれのアーニー・エルスは、1992年に南アフリカでプロ転向し1994年の「全米オープン」で25歳にしてメジャー初勝利を挙げました。当時のランキングを見てみると、グレッグ・ノーマン、ニック・ファルド、ベルンハルト・ランガー、ホセ・マリア・オラサバルなどそうそうたる面々に割って入るアーニー・エルスの活躍は、新時代の幕開けを感じさせました。 1993年には「ダンロップフェニックス」に出場し優勝、1995年の「ANAオープン」では優勝した尾崎将司に次いで3打差の2位になるなど、日本ツアーでもプレーしました。 ニック・プライスやニック・ファルドと同じデビッド・レッドベターに師事し、1992年に発売されたレッドベターの著書「ザ・アスレチックスウィング」で提唱したボディーターンの申し子として注目されました。そのスウィングをお手本として、多くのゴルファーが参考にしたのではないでしょうか。かくいう私もアーリーコックと左腕がピンと伸びた感じを真似してました。懐かしいですね。 ではスウィングを見てみましょう。オーソドックスなスクェアグリップで握り(画像A左)、テークバックの左腕が地面と平行になる位置で腕とクラブが90度になるアーリーコックが特徴です(画像A右)。写真は1995年のものですが当時は肩の可動域が広くて顔が正面を向いたまま肩のラインが90度回って早い段階で背中がターゲットに向いていることが見て取れます。こうすることで再現性も高く手打ちにならずに腕と体の運動量がマッチしていて、当時は”腕と体の同調”と表現されました。

トップからの切り返しで左腕がピンと伸びています。力を入れて伸ばしているわけではありませんが、腕が体から遠くを通ることでクラブヘッドが描く円の半径が大きくなることで、加速するための距離がしっかり確保されますし、入射角が鋭角になり過ぎずにミート率も安定します。 そして、画像B左のトップで近づいた左肩とあごが画像B右では離れています。こうすることで体の回転にクラブが引っ張られて正しい軌道に下りてきます。

【関連記事】