Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レジ袋の有料化が家計に与える影響とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

私たちが日常生活で何気なく利用している物のなかに、レジ袋があります。これまで、多くの店舗で無料とされていたレジ袋の有料化が2020年7月1日よりスタートすることになりました。 これを機に、家計への影響ふまえ、レジ袋について考え方を改める必要がありそうです。

レジ袋はなぜ有料化するの?

現在、多くの店舗で利用されているレジ袋はプラスチックでできています。軽くて丈夫で使いやすい反面、大量に消費され、廃棄されるレジ袋は環境問題の課題ともなっています。 レジ袋を有料化することで、無駄なレジ袋の利用を減らすとともに、ライフスタイルについて改める機会を作り出し、環境問題といった諸問題を解決する糸口とすることを狙いにしています。

レジ袋はいつから有料になるの?

レジ袋の有料化は2020年7月1日よりスタートします(※1)。ただし、スーパーマーケットなど店舗によってはすでに有料化しているところもあります。

どんな袋が対象になるの?

有料化の対象となるのは、主に次の要件を満たすレジ袋になります。 (1)主な素材がプラスチックでできている (2)持ち手がついて商品を持ち運べる (1)については、主な素材がプラスチックという点が重要です。素材の一部に紙や布などが使われていても、大部分がプラスチックとなっていれば、それは有料化の対象となります。 (2)の持ち手の形状は限定されず、袋に穴があけられていたり、巾着のように縛るヒモがついていたりする場合も、持ち手として利用可能であれば有料化されるレジ袋になります。 それに対して、紙製の袋や布製の袋、持ち手のない袋は有料化の対象外になります。例えば、肉や魚を入れるような持ち手のないレジ袋は対象外とされるということです(※2)。

どんなお店でレジ袋が有料化されるの?

基本的には小売業を営むすべての事業者を対象に、レジ袋が有料化されます。コンビニやスーパー、本屋や雑貨店など、私たちが日ごろ利用する店舗のほぼすべてが対象になると考えてください。 一方で、単発のフリーマーケットなど継続して営業されているとはみなされない場合は対象外となります。

【関連記事】