Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【一問一答】「 Triller (トリラー)」とは何か?: TikTok の一番のライバル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

現在、さまざまな市場のApp Storeランキングでトップに位置するアプリ、Triller(トリラー)。インスタグラムのリール(Reels)やByte(バイト:6秒動画「Vine」の後継アプリ)と同じく、反TikTok感情の波に乗る、動画を基本とするソーシャルアプリのひとつです。 8月1日、トランプ米大統領が中国発の動画アプリ、TikTokの利用を禁止する意向を公言して以来、Trillerは宣伝攻勢に出ています。同社の共同オーナーで映画プロデューサーのライアン・カヴァノー氏はTrillerを「TikTokの大人版」と公言するなど、ライバルとの違いを盛んにアピール。さらには、米国、UK、ブラジル、ドイツ、フランス、オーストラリアを含め50カ国のApp Storeにおいて、Trillerは8月1日現在、もっとも多くダウンロードされたアプリだったとするプレスリリースまで配信しています。 「Trillerはこの3週間、きわめてうまく立ち回っており、この3年間を上回る成果を出している」と、世界有数の大手広告代理店オグルヴィ(Ogilvy)のインフルエンス部門トップ、ラーフル・タイタス氏は説明します。「行くなら今しかないと、経営陣は覚悟を決めたのだろう──これでダメなら、伸びる見込みはないと」。 Trillerへの関心がにわかに集まるなか、広告主が注目するのも時間の問題です。そこで、今回は入門編として、Trillerとは何なのか、類似アプリとどう違うのか、なぜTikTokの一番のライバルと目されているのか、いつもの一問一答シリーズで解説していきます。 ◆ ◆ ◆

──Trillerとは、そもそも何ですか?

TikTokと同様に、Trillerは音楽(とりわけヒップホップ)が、そのエクスペリエンスの中心となっています。ユーザーが好みの曲に合わせて自らラップをするショート動画を複数テイク撮影すると、同アプリのAIがその中から最良の部分を自動でつなぎ、プロが制作したかのようなミュージックビデオに編集してくれるものです。ただ、TikTokと違うのは、Trillerがあくまで音楽中心という点であり、実際、スヌープ・ドッグ、21サヴェージ、ミーゴス[という人気ラッパー3組]が出資しています。商品というよりもむしろ、ヒップホップのファンダムに近い存在であり、マーケターが現在Trillerに大いに注目している理由もそこにあるのです。両アプリを併用する層も存在するのは確かですが、Trillerはよりエンゲージ率の高いサブセット、つまり音楽ファンにフォーカスしているといえるでしょう。

【関連記事】