Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ入院の庄司智春「集団感染引き起こした可能性あります」生配信で共に感染のココリコ遠藤も謝罪

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 新型コロナウイルスに感染したお笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春(44)が16日、自身のツイッターで15日から入院していると明かした。  庄司は8日、「極楽とんぼ」の山本圭壱(52)、「ココリコ」の遠藤章造(49)らとユーチューブで動画を生配信。山本や遠藤らも感染し「このたびは8日のYouTubeの生配信の時に感染予防対策が不完全だったため集団感染を引き起こした可能性があります」と説明。動画は所属事務所「吉本興業」の判断で非公開になった。  庄司は12日に体調不良を訴え、13日にPCR検査を受けたところ、14日に陽性と診断された。「症状が出た12日からは検査以外で人との接触を断って自宅内でも隔離生活をし家族と距離をとって生活しました」とし、「保健所の迅速な対応、判断により昨日から入院しております」と伝えた。  最後に「自分たちの対策の甘さから集団感染を引き起こした可能性があります。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 遠藤もこの日、自身のインスタグラムで、ユーチューブでの撮影の際に感染対策が不十分だったと説明。「感染予防、拡大防止に適してなかったYouTube動画に関しては、所属事務所の判断で非公開としております。12日に症状が出てからは、検査以外で人との接触を断って生活してます。現在、家族はPCR検査結果を待ってる状況です」と記した。  その上で「自分たちの対策の甘さからこのようなことになり本当に本当に申し訳ありませんでした」と謝罪している。

【関連記事】