Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

堀江貴文氏が解説「次期首相は菅官房長官が最有力」も…ワンポイントの可能性も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 実業家の堀江貴文氏が28日、自身のブログ動画を更新。安倍晋三首相の辞意表明を受け、次期首相について「一番有力なのは菅官房長官」と解説した。  堀江氏は次期首相につながる自民党総裁選について、党員を含めた総裁選ならば石破茂元幹事長が有利といわれているが、今回は国会議員だけの両院議員総会で実施されると予想。「コロナ禍の中、両院議員総会でじん速に決めようということになれば、安倍首相に近い菅官房長官が一歩リード」と説明した。  その理由として、同氏は「(菅氏か石破氏の)どちらかが政権を取ったとしても、圧倒的に派閥が強いわけではなく、主流派と言われる麻生派と組むか、それ以外の違うグループとの集合体として組むのかによって政権の性質は変わってくる。経済界は今の安倍路線がベストとは言えなくても、ベターであると思われるので、その状況から考えても、安倍政権に近い菅官房長官が一番有利と思われる」と解説した。  その上で、堀江氏は「とはいえ来年9月の総裁選で勝たなければ長期政権にはならない。石破氏も年齢的にラストチャンスということで全力で政権を奪いに来るだろう。菅氏がそこで勝てなければ(1年の)ワンポイントリリーフになる可能性もある」と推測した。  また、同氏は「稲田朋美さん、野田聖子さん、岸田(文雄)さんも出馬するとして、今回、総裁になるのは難しいと思われるが、次、あるいは次の次の総裁選を視野に入れて今のうちに名前を売っておこうという話はあるのではないかと思います」と付け加えた。

【関連記事】