Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オンライン時代に落ちこぼれるマネジャーにならないために【就活・転職の常識を疑え】

配信

オトナンサー

 緊急事態宣言が5月25日に全面解除され、「アフターコロナ時代」「ウィズコロナ時代」が徐々に本格化してきました。ただ、こと働き方に関して言えば、筆者個人の感覚では、オンライン会議もテキストチャットもSNSも仕事で普通に使っていましたし、そもそも、オフィスに入り浸る生活はあまりしていなかったので、コロナによって社会全体で進化が早まったというだけで、それほど非連続で質的な変化ではないように思えます。 「遅かれ早かれ来るものが来た」ということではないでしょうか。ただし、スピードは急激だったので、マネジャーや経営者など、われわれおじさん世代は頑張ってキャッチアップしないといけないのも事実です。

非言語コミュニケーションの性質を知る

 まだ結論づけるのは早計かもしれませんが、結局、超簡単にまとめると、「コロナ禍対策」の影響は、仕事をする際のコミュニケーション方法の選択肢が増えたということに尽きるのではないでしょうか。  全部リアルでやっていたものをオンラインで、映像やテキストを用いてやることもできるようになった。それを社会全体で強制的にレベルアップさせられた(してもらった)ということです。ある意味便利な世の中になったとも言えます。選択肢が増えるのはよいことです。ただし、「適切に選べるようになる」ことと「苦手なものに慣れる」という作業だけは必要になってしまいました。  適切なコミュニケーション方法を選ぶのに必要な知識はオンラインコミュニケーションの特徴、裏を返せば、オンラインによって激減する非言語コミュニケーションの性質をきちんと知ることです。それによって何が起きるかを知ることで、どのようなタイプの仕事ならリアル、これなら映像、これならテキストチャットと適切に選べるようになっていきます。  非言語コミュニケーションの特徴は、実は既に結構研究されており、ネットで検索していただければ分かるので詳細は省きます。テキストチャットは創造性が高いとか、映像より音声だけの電話の方が親近感が湧くとか、面白い事実が発見されています。  このような研究成果などのエビデンス(証拠、根拠)をきちんと押さえておくことは、適切な選択のために必要なのはもちろん、それよりも重要な意味があります。それは、個々人にはコミュニケーションスタイルの好き嫌い、得意不得意があるため、どんなコミュニケーション方法を選んでも全員が納得することはなく、納得感ある合意形成を行うためにもエビデンスの力が必要だということです。  エビデンスなしに「この会議はリアルで」と言っても、「また、あの情弱(情報弱者)おやじが…」と思われるのが関の山です。科学的事実に基づいた説明をすることによって、きちんと納得して仕事をしてもらわねばなりません。

【関連記事】