Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吊革やドアノブ、タッチパネルに直接触れず身を守る「純銅削り出しアシストフック」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

バイクレース部品の加工クオリティで製作

新型コロナウイルスの影響でテレワークが叫ばれる中、やむを得ず電車通勤をする場合でも、できれば不特定多数が触った吊革や手すりをつかまずに済ませたい。そんな時に便利なグッズが、バイクレース用部品の設計、製作で知られるギルドデザインから登場した。 【写真】純銅削り出しアシストフックのディテール【9枚】

直接触れることなく、掴まりたい

新型コロナウイルスの感染拡大は、ゴールデンウィーク前あたりから少しずつ鈍化の傾向を見せているが、まだまだ油断はできない。自宅で休日を過ごす、またはテレワークができているならまだしも、やむを得ず出社している場合には、やはり二次感染に対して警戒してしまうものだろう。 SNSでも多くの方が「電車の手すりや吊革を握らずに乗車している」とのコメントを残しているが、本来の“転倒防止”のための設備が利用できないことは、必ずしも安全な乗車とは言えない状況だ。 そんな声に応えたのが、バイクレース用パーツの設計、製作で知られるギルドデザイン(GILD design)だ。同社にはオートバイ事業部のほかにモバイルプロダクト事業部があり、スマートフォン用のアルミ削り出しバンパーなどを製作している。その技術を生かして設計、製作したのが「純銅削り出しアシストフック」だ。 銅は病原菌汚染を低減することで知られ、この素材を生かしたこの製品は電車、バスの吊り手、縦手すりなどに直接触ることなく、フックを掛け、掴まる事ができるというもの。またエスカレーターの手すり、レバーが付いたドアノブ、エレベーターボタンも操作可能。更に銅には導電性があることから、ATM、スマートフォンなどのタッチパネル操作も可能だという。 銅合金は銅の純度が高いほど不活性化を早める傾向であり、この「純銅削り出しアシストフック」に使用している銅素材は、日本製の純銅(純度99.9%/タフピッチ銅)なのだ。 予約はすでに4月16日から受け付けがはじまっており、価格は1848円(税込)となっている。初回ロットは、2020年4月29日より順次発送予定。 ※銅は病原菌汚染を低減することが分かっていますが、必ずしも二次汚染を防ぐものではありません。また銅の使用は補完的なもので標準的な感染防止策に変わるものではありません。ユーザーの皆様は現在行っている手洗い等の感染防止習慣に必ず従ってください。

【関連記事】