Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今田美桜&佐藤二朗、遠近法無視の2ショットにファン驚き「美桜ちゃん小顔すぎる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁と親子役で共演するドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の公式インスタグラムが5日、出演者の今田美桜と2日放送の第1話にゲスト出演した佐藤二朗の2ショットを公開。2人の顔の大きさを比較するような写真に、ファンからは「美桜ちゃん小顔すぎる」「顔の大きさの差がエグイ」などの声が相次いだ。 【写真】今田美桜の小顔が際立つ佐藤二朗との2ショット  公式インスタグラムが「顔サイズが逆遠近法?」と公開したのは、今田と佐藤の2ショットと、この2人にムロと永野を交えたにこやかな4ショット。今田と佐藤の2ショットは、2人の顔をアップで撮影した構図になっていて、顔の大きさが違いが際立つ1枚になっている。  今田の顔の小ささにファンからは「美桜ちゃん小顔すぎる」「美桜ちゃん顔ちっさすぎ」といったコメントが相次ぎ、そんな彼女と佐藤が並んでいることに対しても「遠近法無視してるよー笑」「顔の大きさの差がエグイですねw」などの指摘が寄せられた。  本作は、大学の同級生となった父と娘が、大学生活を通して絆を深める家族の愛の物語。娘が共学大学に通うことを心配するあまり同じ大学に入学する父・ガタローをムロが、娘・さくらを永野が演じる。本作で今田は、永野演じるさくらの大学の友人・寛子を演じ、佐藤は寛子の父親役で第1話にゲスト出演していた。 引用:ドラマ『親バカ青春白書』公式インスタグラム(@oyabaka_ntv)

【関連記事】