Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今日は何の日:7月5日

配信

nippon.com

GHQが三井物産、三菱商事に解散命令

1947(昭和22)年 連合国軍総司令部(GHQ)が財閥解体の総仕上げとして三井物産、三菱商事の2社に対し解散命令を通告した。GHQを主導する米国は45(同20)年9月、日本経済の民主化に向け「日本の商工業の大部分を支配してきた産業・金融上の一大コンビネーション」の解体を促進する方針を発表。GHQは10財閥56家の持ち株を売却させた。さらに三井物産、三菱商事は(1)会社解散および清算の即時開始を要請(2)過去10年間に部長以上の職にあった者が、共同して会社を新設することを禁止(3)職員が100人を超えて新会社を組織することを禁止(4)商号の使用禁止―などを実施させた。

東京電灯が設立:日本初の電力事業者

1886(明治19)年 藤岡市助が帝国大工科(現東京大工学部)助教授を辞し、日本初の電力事業者として東京電灯(現東京電力の前身の一つ)を開業した。藤岡の母校工部大学校の創設に尽力した山尾庸三、大倉財閥創始者の大倉喜八郎らが発起人となって電力会社の立ち上げに成功した。藤岡は技師長に就任し、電力事業の傍ら大学時代からの夢だった白熱電球の試作・研究を開始。1911(明治44)年に、安価で丈夫なタングステン電球「マツダランプ」を発売し、国産電球の量産化に成功した。

バンダイの前身、玩具の萬代屋が創業

1950(昭和25)年 萬代屋(現バンダイ)が設立された。当初は輸出用玩具を製造販売していたが、『仮面ライダー』『宇宙戦艦ヤマト』などのキャラクター玩具で国内事業を拡大。『機動戦士ガンダム』のプラモデル(通称「ガンプラ」)がヒットし、現在も根強い人気を誇るロングセラー商品となった。ゲームメーカーのナムコと経営統合し、2005(平成17)年にバンダイナムコホールディングスの下で玩具、プラモデルなどの事業を展開。

民主党政権 松本復興相が辞任

2011(平成23)年 舌禍問題を起こした民主党政権の松本龍氏(1951~2018)が菅直人首相に、復興相兼防災担当相の辞表を提出した。松本氏は3日に復興相として東日本大震災の被災地を訪問した際、達増拓也岩手県知事に「知恵を出さないやつは助けない」、村井嘉浩宮城県知事に「(被災した漁港の集約は)県でコンセンサスを得ろよ。そうしないと、われわれは何もしないぞ」などと問題発言を行い、批判を浴びた。

九州北部豪雨で43人犠牲

2017(平成29)年 対馬海峡付近に停滞した梅雨前線に向かって暖かく非常に湿った空気が流れ込んだ影響で、6日にかけ福岡・大分両県を中心に西日本で記録的な大雨となった。この豪雨について気象庁は「平成29年7月九州北部豪雨」と名称を定めた。河川の氾濫、土砂崩れにより被災状況は死者39人、行方不明者4人、住家全壊309棟、半壊1103棟に上った。

【関連記事】