Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『みをつくし料理帖』藤井隆、憧れの薬師丸ひろ子との夫婦役に「今もまだ信じていないです」

配信

クランクイン!

 女優の松本穂香が主演を務め、角川春樹監督がメガホンを取る映画『みをつくし料理帖』より、劇中で夫婦役を演じる藤井隆と薬師丸ひろ子のインタビュー映像が到着した。 【写真】豪華キャスト共演『みをつくし料理帖』フォトギャラリー  高田郁による同名のベストセラー時代小説を実写化する本作は、幾度となく訪れる苦難を乗り越えながら料理に真剣に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と不変の友情を描く。『犬神家の一族』(1976)、『セーラー服と機関銃』(1981)、『時をかける少女』(1983)など数々の大ヒット作を生んだ角川監督が、生涯最後の監督作としてメガホンをとる。  時は、享和二年。大坂。8歳の澪(松本)と野江(奈緒)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼なじみだった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす2人だったが、その約束の夜から大坂に大洪水が襲う。それから時は流れ、澪が東京・神田の蕎麦処「つる家」で女料理人として働く一方、野江は吉原で頂点を極める花魁・あさひ太夫として生きていた。  本作で藤井が演じるのは、澪が働く「つる家」の常連でもあり戯作者の清右衛門。その妻・お百を薬師丸が務める。お百は原作にはなく、映画だけに登場する人物だが実在の人物。薬師丸の出演が決まり、急遽追加したキャラクターだ。薬師丸と角川監督との出会いは、薬師丸が13歳の時。角川監督が手掛けた映画『野性の証明』(1978)でスクリーンデビューを果たし、主演を飾った『セーラー服と機関銃』(1981)は、薬師丸が歌う主題歌と共に大ヒットを記録した。  インタビューで薬師丸は、オファーを受けた当時を振り返り「角川春樹さんは、自分にとっての原点ですから。ぜひ参加させていただきたいと思いました」とコメント。藤井と演じる夫婦役については「喧嘩しているように見えて、実は仲がいい。ちょっと面白い夫婦」と語り、角川監督からは「この作品の中でコメディーの部分というか、楽しいところをやってもらいたい」と言われたと述懐。また、途中で角川監督によって付け加えられたセリフがあることも明かし、そのセリフでお百が「だんなさんのことをいつも心に留めて気にしている女性」ということが表現できたと語っている。  一方、本作が角川監督とは初顔合わせとなる藤井は、今回の出演オファーについて「冗談かと思いました」と当時の驚きを明かし、憧れの薬師丸と共演したことについて聞かれると「結局、今もまだ信じていないです。ご一緒したとはまだ思っていないです」とユーモラスに返答。自身が演じる清右衛門については「ふてぶてしくてね、意地悪なことを言うんですけど、誰よりも、澪さんはじめ、お店の人が作るお料理をすごく好き」なキャラクターだと説明し、本作について「時代が違うんですけど、ヒロインの身に起こったことは、現代でもありえること」と語っている。  映画『みをつくし料理帖』は10月16日より全国公開。

【関連記事】