Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富山でリビングアート開幕 食の限定メニューやものづくり体験

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

■感染防止へ分散開催  暮らしの中で芸術に親しむ「リビング・アート・イン・トヤマ2020」が17日、富山市内で開幕した。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、市内の工房やカフェ、ショップなどで、食のイベントやワークショップを分散開催する。23日まで。(松岡仁志)  同市根塚町の菓子店「和の心 ぷちロール」では、リビングアート期間限定メニュー5品の提供を開始。呉羽梨を使ったプリンアラモードや大山カリーが女性客の人気を集めた。店舗前のパラソル席で食べたり、テークアウトしたりする姿も見られた。20~23日にも実施する。  限定メニューを楽しめる食のイベントは県民会館1階の「D&DEPARTMENT TOYAMA」(19~23日)、同市粟巣野の「KAKI’s cafe」でも開かれる。  ワークショップは鳥居セメント工業(同市町村)、オバタ硝子工房(同市本宮)、KAKI CABINET MAKER(同市粟巣野)の各会場であり、参加者がセメントやガラス、木といった身近にある素材でものづくりを体験した。

 22、23の両日は、福沢地区コミュニティセンター(同市東福沢)で壁画を描くイベントや工作体験、ワークショップを開く。日程はホームページに掲載している。実行委員会主催、北日本新聞社共催。

【関連記事】