Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子ども人気は『鬼滅の刃』並み? 4年目もヒット『ざんねんないきもの事典』共感呼ぶ”ざんねん”な生き様

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 「ラッコはお気に入りの石をなくすと、ごはんが食べられなくなる」「ワニが口を開く力はおじいちゃんの握力に負ける」「ミジンコはピンチになると頭がとがる。しかし、ほとんど効果がない」など、生き物の“ざんねん”な部分にフォーカスした「ざんねんないきもの事典」シリーズ。児童書として異例のヒットを記録し、NHK Eテレでもアニメ化され、初版から4年経った今も人気を伸ばしている。もともと「本が苦手な子向けに作った」という本書に隠された工夫と込められた思いを高橋書店の山下利奈さんに聞いた。 【画像】「キリンは長い舌で鼻くそをほじる」ほか、“ざんねんないきもの”集 ■25万人の小学生の投票で1位に 当初はタイトルの『ざんねん』に反論の声も 5月に発表された、25万人の小学生の投票による「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」では、シリーズ第1弾『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』が2回連続1位を獲得。10位には人気漫画『鬼滅の刃』のノベライズ『鬼滅の刃 しあわせの花』が入っていたが、それを凌ぐ5.6.7位に『ざんねんないきもの事典』シリーズ他全書がランクイン。“本離れ”が囁かれる現代に子どもたちの心を掴むその理由とは。 ――改めて、「ざんねんないきもの事典」シリーズの企画のきっかけを教えてください。 これまでの図鑑は、生き物がいかにすごい能力をもち、工夫を凝らして生きているか、その“すごさ”にスポットが当てられることがほとんどでした。弊社でもそのような図鑑を出していたのですが、それらの情報を調べていくなかで、そんな“すごい生き物”のなかにも「どうしてこうなった!?」と、思わず突っ込みたくなるような一面があることに気付きました。そして、この突っ込みどころは、生き物好きの子どもにとって、たまらなくおもしろいのではないかと考えたのがきっかけです。 ――初版から4年が経った今も第1弾の人気が続いていますが、出版当初の反響はいかがでしたか。 出版当初から好調な売れ行きではありましたが、じわじわと広がっていったようには思います。実際に本を見た書店員さんがおもしろいと思ってくれて店頭での展開が広がり、たくさんの人の目にとまるようになり、そして本を読んでくれた人がそれを友達に紹介する……という、良い輪ができていきました。そのような売れ方をしてくれたので、第1弾の発刊から時間が経った今でも、どんどん読者が広がっていってくれているのだと思います。 ――その後アニメ化もされ、「ざんねんないきもの」が、言葉通り“ざんねん”ではなく、各所で良い意味で捉えられているように感じます。 もともと「ざんねん」というのは、我々としては決して否定的な意味ではなく、生き物への愛情や尊敬の気持ちをもって付けています。「ざんねん」と付けるまでには、社内でも賛否両論、むしろ否定の方が多くありました。しかし、「頑張っているんだけど、なんだかちょっとざんねん」「そんなざんねんな部分があるからこそ、愛おしい」そんな生き物達の姿を本書では紹介したいと考えています。それは読者の方々にも伝わり、「生き物のことがますます好きになりました」という声もたくさん届いています。

【関連記事】