Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハリウッドで最も愛妻家の夫たち Part1

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
25ansウエディング

あなたの理想の男性は、いったいどんな人?背が高くて、髪の色が濃くて、ハンサムな人?とびきりリッチで才能に恵まれている人?いつだってドレスの裾の乱れを直してくれる人?常に一歩下がってあなたに主役を譲ってくれる人? 見かけがとびきり良くて、超がつくほどお金持ちで、一流の服に身を包んだ男性とのロマンスには、誰もがうっとりするもの。ハリウッドのロマンスがすべてめでたし、めでたし、とは限らないけれど、以下に紹介するのは、善人には良いことが起きるという証拠! 彼らは、チャーミングで、ものすごく協力的で、人前でイチャイチャするのを恥ずかしがらず、いつでも最高の角度で写真を撮ってくれる人たち。そして何より、パートナーを大切にする愛妻家なのです。

キース・アーバン

騎士道精神は死んだなんて、誰が言ったのでしょう? 2006年に女優のニコール・キッドマンと結婚したキースは、2016年に放送されたテレビ番組『CBSニュース』のインタビューに対してこう発言しました。「彼女に出会って、結婚したことによって、人生は変わらなかった。人生が始まったんだ」「それは文字通り、『OK、人生が始まるんだね』って感じだったよ」。

アダム・レヴィーン

ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルとグラミー賞受賞歌手が結婚したときは、二人の間のときめきが伝わってきたもの。 アダムは、妻ベハティ・プリンスルーの誕生日を記念して、「彼女はレジェンドなんだ。最高にいかしてるよ。たった数年の間に、誰よりも笑い、愛し合ってる」と素敵なコメントを投稿。さらに、「毎朝起きると、これは夢じゃなかったんだと感謝するんだ。さらなる千年を祝して乾杯。僕の持てるものすべてで君を愛してるよ」。

ジョージ・クルーニー

レッド・カーペットで見るゴージャスな妻の姿に惚れ惚れするセレブの夫ほど、見ていてワクワクするものはないもの。ジョージ・クルーニーは、誰にでもこんなジェスチャーをするわけではありません! 「何でも話せて、これまでにないほど大切な人がいるんだ」と、妻のアマルについて『CBS This Morning』で語ったジョージ。「素敵なことだよ」。

【関連記事】