Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

装備充実で159万8000円、MAZDA2特別仕様車の熟成度はどれくらい?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MONEY PLUS

マツダのコンパクト5ドアハッチバックである「MAZDA2」。このクルマに2020年5月に設定された特別仕様車が「スマートエディション」です。単なる特別仕様車と思いがちですが、実は充実した装備をプラスながら価格を抑えたお買い得モデル。さらにマツダ車のこだわりである「走りの質感」なども大きな魅力と言えます。 【写真】マツダ2、スタイリッシュなボディとインテリアをもっと見る

元々は“デミオ”だった

MAZDA2は元々デミオの車名で販売されていました。デミオ自体は2014年9月のデビューですが、2019年7月段階ですでに5年が経過していたこともあり、このタイミングでグローバルで販売される車名に統一しました。 ただ車名が変わったことに関しては「モデル末期のお色直しでは?」という声も聞かれます。 しかし、それは大きな勘違いです。現在のマツダ車が多くのファンを掴んでいる理由は「その時代にあった最新の技術を投入する」という考えでクルマの性能を磨き込んできた点にあります。

業界も注目するマツダ流アップデート

今回、MAZDA2に車名変更するにあたり、エクテリアやインテリアの意匠も変更、またサスペンションを新型に変更したり、インフォテインメントシステムである「マツダコネクト」にAppleのCarPlayやGoogleのAndroid Autoを対応させています。また上位グレードには「運転席電動パワーシート」を採用、さらにこれにはドライビングポジションメモリー機能までプラスするというクラスを超えた仕様になっている点も大きな魅力です。

これが本当のタイムレスデザイン

今回、MAZDA2にはワイド感やエレガントさを追求した造形になっています。目立つ部分では新デザインの16インチや現在のマツダ車の多くに採用されている大型のフロントグリルなどがありますが、基本造形はデミオを継承しています。しかしデミオ時代からすでに6年が経過しているのにそのデザインには古さすら感じません。 現在販売されているマツダ車には「魂動デザイン」と呼ばれるデザインフィロソフィーが息づいています。人の手によりクルマのデザインに魂を与えるという意味でもありますが、MAZDA2も時間という枠を超えた飽きの来ないデザインが魅力、言い換えれば「タイムレスデザイン」であることがわかります。

【関連記事】