Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

帝京大可児、習志野に5発快勝で決勝Tへ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 8月3日、和倉温泉多目的グランドで第8回和倉ユースサッカー大会2020グループリーグCグループの習志野(千葉)対帝京大可児(岐阜)の試合が行われ、帝京大可児が5-1で習志野を下した。帝京大可児は2勝1分で決勝トーナメント進出を決めた。習志野は1勝2敗となり下位トーナメントにまわる。 【フォトギャラリー】習志野 vs 帝京大可児  習志野はDFラインを高く設定し前線から積極的にボールを奪いにいく。しかし、帝京大可児は慌てることなくボールを回してプレスをかいくぐる。パスを回すだけではなく、チャンスとみればドリブルで仕掛け突破していく。まずは2分、帝京大可児は右CKが逆サイドに流れたボールを23番FW大森涼が収めてクロスを上げる。これをGKがファンブルしたところを14番DF犬飼叶都が詰めて先制。続く8分、帝京大可児は右CKから中での競り合いでPKを獲得。これを14番DF犬飼叶都が決めて2点目。さらに10分、帝京大可児は右サイドを突破しGKが出てきたところを中央にパス。これを大森が流し込んで3点目。習志野は開始10分で3失点と苦しい立ち上がりとなった。このまま前半は帝京大可児が3点をリードし折り返した。  後半に入り33分、帝京大可児はこの試合大活躍の大森が敵陣左サイドから中央へドリブルでカットインし、絶妙なタイミングで浮き球のスルーパスを送ると、これを中央を駆け上がってきた95番MF鈴木淳之介がダイレクトでループシュートを決めて4点目。一矢報いたい習志野は35分、左CKに70番MF細井響がドンピシャで頭で合わせゴール。反撃開始と行きたい習志野だったがこのまま時間が経過し、試合終了間際にCKから5点目を決められ試合終了。5-1で帝京大可児が習志野を下し決勝トーナメント進出を決めた。

【関連記事】