Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「イエスタデイをうたって」コメンタリー配信決定、冬目景描くBOXイラストも公開

配信

コミックナタリー

冬目景原作によるTVアニメ「イエスタデイをうたって」のコメンタリー付き一挙配信が、6月13日21時よりABEMAのアニメ3チャンネルで行われる。 【写真】TVアニメ「イエスタデイをうたって」キービジュアル(メディアギャラリー他6件) コメンタリー付き一挙配信は3部制で行われ、第1部に魚住陸生役の小林親弘、野中晴役の宮本侑芽、藤原佳幸監督、第2部に宮本、森ノ目品子役の花澤香菜、狭山杏子役の坂本真綾、第3部に小林、福田タカノリ役の寺島拓篤、藤原監督、脚本担当の田中仁が出演。続けて10話の再配信、11話の地上波同時・独占先行配信が行われる。 またアニメの内容を補完するボイスドラマ全4話が、6月17日から20日にかけて音声コンテンツサービス・SPINEARにて配信されることも決定。物語はメインキャラクター4人を中心に展開され、第1話は「夏と花火と金魚と背中」、第2話は「品子帰郷」、第3話は「引越しの手伝い」、第4話は「柚原という女」と題された。SPINEARの公式サイトおよび、Podcast、Spotifyなどで聴取できる。藤原監督からは「アニメでは人間関係の機微や変化などを中心に描いてきましたが、今回の音声ドラマでは、ラブコメ要素の強いエピソードを中心に構成しています。『イエスタデイをうたって』は誰に感情移入するかによって印象が変わりますが、表現の幅も広い作品なので原作と比較して媒体の違いも楽しんでもらえたらと思います」とコメントが寄せられた。 さらに8月5日に発売されるBlu-ray / DVD BOXのパッケージイラストもお披露目に。三方背ケースのイラストは冬目が、ジャケットイラストはキャラクターデザインを務める谷口淳一郎が描き下ろしている。なお店舗購入特典として、アベマショッピングでは両イラストのクリアファイル、Amazon.co.jpでは冬目のイラストを使用したタペストリー、楽天ブックスおよびアニメイトではマグカップが用意されている。 ※品子のしなは木へんに品が正式表記 (c)冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会

【関連記事】