Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保建英は不調でも変幻自在。 ゴール&最高評価で「まさに主役だ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webスポルティーバ

「久保のマジョルカ、残留にしがみつく!」  スペイン大手スポーツ紙『エル・ムンド・デポルティーボ』は、そう見出しを打っている。 【動画】久保建英のレバンテ戦ハイライト  7月9日、リーガ・エスパニョーラ第35節。18位のマジョルカは本拠地ソン・モイスに12位のレバンテを迎え、2-0で勝利を収めた。順位は変わらないが、残留に望みをつないでいる。  2005-06シーズン、マジョルカは残り6試合で「残留の可能性は5%未満」というメディアの予想を覆し、「奇跡」と言われたことがあった。4勝2分けという快進撃で残留を果たし、当時、終盤戦でチームのヒーローになったのが、大久保嘉人(東京ヴェルディ)だった。  久保建英はいま、それを超えるセンセーションを起こしている。  レバンテ戦で久保は序盤から"らしさ"を見せた。  2分、右でボールを受けると、ゆっくりと持ち上がり、切り返す。そして左足でファーポストから入ったクチョ・エルナンデスの頭にピンポイントで合わせた。ゴールは決まらなかったが、決定機を作った。

久保はドリブルのスピードをコントロールし、多くのプレーの選択肢を持つ。単純な速さにこだわっていない。食いついてきたら入れ替わり、ボールをずらしてコースを開け、パスもシュートもできる。プレーが変幻なのだ。  その後も、久保は右サイドからトップ下の位置を動き回る。インサイドに入って、短いパス交換でプレーの渦を起こすと、それが味方のシュートにつながっている。  29分には、右45度からGKの逆を突くように、ニア上を狙って枠に飛ばした。37分には右サイドで2人に行く手を遮られながら、ゆっくりボールを動かし、コースを作り、2人の間からマイナスパスを出し、サルバ・セビージャの決定的シュートをアシストした。ゴールは決まらなかったが、攻撃を引っ張った。  そして39分、右サイドのアレハンドロ・ポゾからのクロスを、クチョが頭で叩き込む。久保が右からトップ下の位置で相手に混乱を与えることで、右サイドのポゾは完全に空いていた。 「タケ・クボは(最近の)毎試合のプレーの数々で、『今後10年間、世界サッカーで将来が約束された選手である』という気配を漂わせている。エリア内に入り込む個人技はすばらしい。まさに主役だ」

【関連記事】