Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

木村花さんの親友・ジャングル叫女が復帰戦で勝利し天に捧げる敬礼ポーズ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 11日、東京都・新木場1stRINGにて女子プロレス団体スターダムが『STARDOM NEW SUMMER 2020 新木場2Days/Day1』を開催した。  スターダムは新型コロナウイルスの影響で2月後半から興行を全て中止に。その間に、王者である星輝ありさの引退や、木村花さんの死去などいろいろな出来事があったが、先月21日に大会を再開。前回大会に続き感染症予防対策のために観客の人数制限を設けたものの、あっという間にチケットは売り切れ、幸運な140名が会場に観戦に訪れた。  そしてこの日の第1試合では、ジャングル叫女が久々の試合を行った。  叫女は今年5月に亡くなった木村花さんの親友であり、リング上では花さん率いる“TOKYO CYBER SQUAD”(以下TCS)の参謀的ポジションを務め、プライベートでも仲が良いことで知られていた。  先月21日の大会ではオープニングで叫女が登場し「自分の中でまだ気持ちの整理がついていなくて、戦える状態ではない」と心中を明かして欠場しており、叫女の精神面についても心配の声が集まっていた。  叫女の復帰戦はジャングル叫女&小波vsDEATH山さん。&吏南と全員TCSのメンバーでのタッグマッチとなり、DEATH山がコミカルな言動で会場を温め、吏南は花さんから継承した必殺技・ハイドレンジアを積極的に狙いに行く。  対する小波はMMA仕込みの鋭い蹴りや関節技で攻め込み、叫女も2人まとめてブレーンバスターで投げ飛ばしたり強烈なスライディングラリアットを見舞ったりと持ち前のパワーファイトを展開。最後は小波がトライアングルランサーで吏南を沈めた。  そして、最後は試合に出場の無かったルアカも加わり、TCSフルメンバーで天に向かって敬礼。花さんの考案したTCSの決めポーズでメッセージを伝えた。

【関連記事】