Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『R-1』優勝直後にコロナ蔓延…悲運のチャンピオン・野田クリスタル「賞金は生活費」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレ朝POST

霜降り明星の冠レギュラー番組『霜降りバラエティ』。 7月2日(木)に放送された同番組には、ゲストとして2020年の『R-1ぐらんぷり』チャンピオン、野田クリスタル(マヂカルラブリー)が登場。2019年に同大会を制した粗品と「新旧R-1チャンピオントーク」を行った。 2020年3月8日、ゲームネタで『R-1ぐらんぷり』優勝を果たした野田。 芸歴18年目、10年以上挑戦していた同大会でようやく栄冠をつかみ、優勝直後はさまざまな有名番組から出演オファーが届いたという。 しかし、そのころから急速に新型コロナウイルスが感染拡大し、テレビ各局ではバラエティ番組の収録が中止に。せっかくチャンスをつかみかけたのに、野田は9割の仕事を失ってしまったそう。 優勝を祝われるはずの凱旋舞台もまだとのことで、現在の状況を「仕事もらってないし、お客さんからの祝福もないけど、賞金だけもらったから“金だけもらいに行った状態”」と嘆いた。 そんな野田に賞金の使い道を聞いてみると、「この先仕事あるかわかんないから生活費かな」と夢のない回答が…。

あの“事件”の真相

普段はマヂカルラブリーとして活動している野田は、『M-1グランプリ』決勝にも過去に出場。 2017年の決勝では、審査員の上沼恵美子に漫才の出来を酷評され、苦し紛れに上半身裸になるという珍事を起こしていた。 せいやは「ホンマ好きで、あのシーン」と笑いながら絶賛。粗品も裸になった理由が気になるようで、「なんで脱いだんですか?」と質問すると、「なんとかなれ」と“やけっぱち”だったことだったことが判明。 「脱ぎ出した瞬間スタッフたちもざわついて、『下半身出してM-1ごと終わらせようとしてるぞ。危ない大丈夫か?』ってなって、今田(耕司)さんが慌てて前に出て(隠した)」と当時の様子を語り、2人を笑わせた。

【関連記事】