Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『新感染 ファイナル・エクスプレス』から4年後の世界を描く映画「新感染半島 ファイナルステージ」1月公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 全世界の映画祭で大絶賛を浴び、韓国、日本をはじめ世界中で歴史的大ヒットを記録した『新感染 ファイナル・エクスプレス』の4年後の世界を描く「PENINSULA(英題)」が「新感染半島 ファイナル・ステージ」の邦題に決定し、2021年1月1日より(金)東京・TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開されます。  本作の舞台は『新感染』の4年後の“半島”。人間を凶暴化させる謎のウィルスの感染爆発で荒廃した祖国に、ある任務を果たすため戻ってきた元軍人のジョンソクを、〈カンヌ映画祭〉でパルムドールを受賞した是枝裕和監督が初めて手がける韓国映画「ブローカー(仮)」への出演が決定しているカン・ドンウォンが演じ、前作『新感染』で監督を務め、韓国だけでなく世界で高い評価を受けたヨン・サンホ監督が引き続きメガフォンをとります。  前作よりもさらに壮大なスケールで描かれ、250人を超えるVFXスタッフにより作り上げられたヴィジュアルと20分に及ぶ刺激的なカーチェイスは圧巻です。〈カンヌ映画祭〉オフィシャルセレクションにも選出され、本国では今年7月に2,338スクリーンで公開され、大ヒットを記録しました。 (C)2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

【関連記事】