Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サンライズが異例の声明 アニメコスプレ都知事選候補、本人を直撃「困らせる意図なかった」

配信

KAI-YOU.net

『機動戦士ガンダム』や『ラブライブ!』などを手がけたアニメスタジオ・サンライズが6月24日、「2020年東京都知事選における選挙活動について」と題した声明を発表しました。 【画像】『コードギアス』の「ルルーシュ」に扮したポスター 「2020年東京都知事選において、『コードギアス』シリーズのキャラクター『ルルーシュ』をイメージあるいは強く想起させるコスプレ風衣装によるポスター等を用いた選挙活動を行っている候補者の方がいらっしゃいますが、株式会社サンライズおよび製作委員会、作品関係者とは一切関係がありません」(サンライズ公式サイトより) ルルーシュ風のコスプレをした都知事選候補者との関係性について否定した上で、注意を喚起したものです。 直接名指しされているわけではありませんが、該当の候補者は自らTwitterで謝罪。都知事選を含め、これまでに9回選挙に立候補している後藤・D・輝樹(後藤輝樹)さんです。 「誰かや何かを困らせようとする意図は全くなかった」と語る彼は、なぜルルーシュのコスプレ風衣装を用いたのか、そしてサンライズからの発表をどのように受け止めているのか──話を聞きました。

過去9度、選挙に出馬するも落選 後藤輝樹とは何者か?

後藤輝樹さんは、これはまでに神奈川県議会議員選挙・目黒区長選挙・港区長選挙・千代田区長選挙・東京都議会議員選挙などに出馬、そのすべてに落選しています。 過激な公約や選挙ポスターなどで注目を集める、いわゆる「泡沫候補者」と呼ばれる1人として、選挙のたびにネット上ではネタ的に受け入れられている人物です。 これまでにも選挙ポスターではコスプレ姿を披露していた後藤さんは今回、「私自身が一番好きなアニメであり、ルルーシュ(ゼロ)も私と同様に革命家という共通点から選挙ポスターの写真に使用しました」とコメント。 「写真は2年ほど前に撮影したものです。アニメファンを獲得しようといった考えは一切なく、コスプレ風衣装はポスターの撮影のみで、演説などで使用したことは一度もありません。本当に申し訳ございませんでした」

【関連記事】