Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「命をなんだと思っているんだ!」ブリーダーの多頭飼いが崩壊、病気や奇形の猫たちを救え

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 NPO法人『ねこけん』は、猫の殺処分ゼロを目指し、日々活動を続ける団体だ。『ねこけん』のブログでは、猫を保護した際のリアルな状況、悲惨な姿まで隠すことなく伝えており、多くの読者に動物愛護の必要性を問いかけている。あるペルシャ猫ブリーダーの多頭飼い崩壊については、ブログでも詳細に語られている。ひどい飼育現場や猫たちの状態について、あらためて代表理事・溝上奈緒子氏に取材。その後の猫たちについても聞いた。 【写真】「人間のせいでごめんなさい…」悲惨な飼育現場、保護された幸せになった猫、旅立った猫 ■崩壊したブリーダー、ペルシャ猫たちの目を覆いたくなるような惨状  最初にアップされたブログのタイトルは、『ブリーダー崩壊!? 急げ!』。これが、数ヵ月にわたる壮絶な闘いの序曲だった。  このとき『ねこけん』が保護したのは、ブリーダーの家にいたペルシャ猫たちだった。溝上氏は、「猫を買いにいった人から、『ひどい状態のブリーダーがいる』との通報があって。元々は『ねこけん』千葉支部の案件だったんですが、そこだけでは手に負えないということで、私たち本部の人間がすぐに駆けつけました」と振り返る。ブリーダー宅に赴いた溝上氏が目にしたのは、とんでもない状態の猫たちだった。ほとんどの猫が目や皮膚に異常があり、入院をしなければならないほど病気が悪化した猫たちもいたという。その数、31頭。  ブログにも、劣悪な環境にいたペルシャ猫たちの写真が公開されているが、まさに目を覆いたくなるような惨状である。「病気や奇形は近親交配が原因。片目がないような猫たちに、子どもを産ませていたんです。命をなんだと思っているんだ! そう怒鳴りつけたくなりました」と溝上氏は静かに怒りをにじませた。ブログにも、保護当時の様子や、やりきれない思いがつぶさに記されている。  <リビングには大型のケージが並べられていますが、どれも掃除や手入れはなされていません。うんちやおしっこで汚れたベッド。その中で、ブリーダーさんは布団を敷いて寝起きをし、生活をしています。  猫たちは、同じ空間で生活をしていますが、どの子も目や皮膚に異常があり、痩せて汚れたペルシャ猫たち。それでもメス猫さんは妊娠しています。すぐに個体識別のため、ブリーダーさんに確認をしながら1頭ずつ、キャリーに入れて行きます。  かつて美しかったであろう猫たち。愛情とケアさえできていれば、彼らは光を失うこともなく、体中の毛が引きつる痛みに耐える必要もなく、やせ細り、じっと死を待つような状況になることもなかった。  ふつふつと心に浮かんでくる「なぜ?」「どうして?」の怒りに似た疑問。それでも「人を見ないで猫をみる」。悪臭が充満する室内で、ひたすら感情を抑えて、猫をキャリーに入れていきます。  「こんな目にあわせてごめんね」「もう大丈夫だからね」「治療をするからね」>  (ねこけんブログより)  『ねこけん』のメンバーが、どんな思いでブリーダーからペルシャ猫たちを引き取ってきたかがひしひしと伝わる内容だ。

【関連記事】