Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

立命館大、全部員出場の“全員卓球”で優勝争い<関西学生リーグ・女子1部>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

<令和2年度秋季関西学生リーグ戦(1・2部) 9月4日~6日・横大路運動公園体育館> 【写真】今大会3勝をあげている神戸松蔭女子学院大学の枝廣瞳 令和2年度秋季関西学生リーグ戦大会2日目、女子1部の試合がダブルヘッダーで行われた。6チームで競われる女子1部は、神戸松蔭女子学院大学が4戦4勝、立命館大学と同志社大学が3勝1敗で追いかける状態で最終日を迎える。

女子1部 神松蔭大が全勝キープ

神松蔭大と関学大が初日を全勝で終え、迎えた大会2日目。関学大は立命館大に2-3で敗れた。一方、神松蔭大は武庫川女子大学を寄せ付けず5-0で完勝を収めた。また、同志社大学も近畿大学との接戦をものにし、2勝目をあげた。 続く第4戦は、日本卓球リーグにも参戦している神松蔭大が、関学大を下し今大会通算成績を4戦4勝に。同志社大、立命大も勝利し3勝1敗で神松蔭大を追いかける展開となっている。 全勝をキープした神松蔭大の岩濵郁佳主将は「前のリーグ戦で関学大には負けていたので、向かっていく気持ちで練習してきたのが出せた」と関学大との試合を振り返った。また、大会2日目は試合には出ていない岩濵だが、「試合に出ている人も出ていない人も1つになって練習してきた部分も出せた」とチームの一体感を強調した。 3勝1敗の同志社大は、主将の塩見紗希が4戦4勝と好調ぶりを見せる。ルーキーの三浦千緋呂(四天王寺高卒)も、初日はデビュー戦による硬さが見られたものの、大会2日目に2勝をあげて勢いに乗る。 同じく3勝1敗の立命大は初日(麻菜々子、丸怜央菜、原田季佳、田村美佳、平井菜々美)とメンバーをガラリと変え、原田季佳、萱嶋沙希、越岡弥依、河野凪紗、麻菜々子の5選手で大会2日目を戦った。これで部員全8選手がリーグに出場と、立命大は“全員卓球”で3勝をあげ、最終日を迎える。 最終日は、神戸松蔭女子学院大学 - 立命館大学、関西学院大学 - 同志社大学、近畿大学 - 武庫川女子大学の3カードが予定されている。

女子1部第3戦

<〇同志社大学(2勝1敗) 3-2 近畿大学(3敗)> 〇塩見紗希 3-1 田熊光里 赤川真生 2-3 〇高橋優花 〇山本真由 3-1 山形あすか 〇三浦千緋呂 3-0 中原千春 津田菜穂 2-3 〇海津天音 <関西学院大学(2勝1敗) 2-3 〇立命館大学(2勝1敗)> 小脇瑞穂 1-3 原田季佳 〇村田咲紀 3-0 萱嶋沙希 〇竹田彩乃 3-1 越岡弥依 山本怜奈 0-3 〇河野凪紗 光根鈴香 1-3 〇麻菜々子 <神戸松蔭女子学院大学(3勝) 5-0 武庫川女子大学(3敗)> 〇鶴岡菜月 3-0 野張沙希 〇多武玲帆 3-0 高田菜々子 〇枝廣瞳 3-0 飯田菜月 〇鈴木理彩 3-1 山脇麻祐 〇厚地うらら 3-0 松本恵奈

【関連記事】

最終更新:
Rallys