Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岸部四郎さん 「やる気はないのにトントン拍子」の芸能人生

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 岸部四郎さん(享年71)が、8月28日に亡くなった。最後の公の場は2013年の東京ドーム。ザ・タイガースの再結成コンサートで、沢田研二(72才)や兄の岸部一徳(73才)らが見守るなか、ザ・ビートルズの『イエスタデイ』を歌った。車いす姿だった。 【写真】似ている?岸部四郎さんの兄・岸部一徳

「かなりやせていて表情も固まっていました。ジュリーの問いかけにも表情ひとつ変えず、言葉も“歌う”の一言だったので心配したのですが、歌い始めたら音程も完璧で、何よりすごく優しい滑らかな歌声だったんです。気づいたら涙が出ていました」(60代の女性ファン)  ステージからの去り際、岸部さんはファンに手を振った。その左の手のひらには、油性ペンで書いたとおぼしき「トラブル」の文字がくっきりと浮かび上がった。 「“トラブルなんて昨日までは何もなかったのに”という『イエスタデイ』の歌いだしの歌詞と自分の波乱万丈な人生を掛けた、四郎さんお得意のユーモアだったのでしょう。突然、最愛の女性が去ってしまう悲しさを歌ったこの曲も、四郎さんの人生とピタリと重なりました」(前出・女性ファン)  岸部さんの人生は、確かに歌にしたくなるほどドラマチックだった。すでに大人気だったザ・タイガースのメンバーになったのは、一本の電話がきっかけだったという。 「岸部さんは当時、アメリカに留学していたんです。そこへ、すでにザ・タイガースのメンバーとして活躍していた一徳さんが電話をして、“立っているだけでいいから”と呼び戻したんです」(芸能リポーターの城下尊之さん)  ギターの加橋かつみ(72才)が脱退することになり、その代わりのメンバーとして白羽の矢が立ったのだ。 「最初は“エアギター”で、その後はタンバリンを持って舞台に立っていたぐらいで、岸部さんは楽器がまったくできない。“みんなの邪魔をしちゃいけない”と、タンバリンの金属部分の隙間に詰め物を入れて、振っても音が出ないように細工していたそうです」(前出・城下さん)

 バンド解散後、1才年上の女性と結婚し、1男1女に恵まれる。恵まれたのは、仕事運についても同様だった。1978年にはドラマ『西遊記』(日本テレビ系)の沙悟浄役を好演し、1984年からは『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)で、つかみどころのなさを生かした司会者としても活躍し、朝の顔に定着。音楽以外の才能も開花させてきた。 「岸部さんは、仕事熱心というタイプではなかった。強いやる気が本人にあったわけではないのに、ポジションに恵まれ、仕事を得てきた。とんとん拍子に世に知られる人物になった。芸能界でも希有な人ですよ」(芸能ジャーナリストの二田一比古さん) ※女性セブン2020年10月8日号

【関連記事】