Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ストレスを意外な方法で発散。お金を使いすぎないコツは?

配信

ESSE-online

どうしても日々たまってしまうストレス。なにかに没頭するというのも発散法のひとつです。 人間関係がうまくいく「断り方」&ピンチを切り抜けるフレーズ集 自閉症スペクトラムの6歳の娘「サンちゃん」の日常を描いたコミックエッセイ『つま先立ちのサンちゃん』を上梓した漫画家のたなかれもんさん。忙しい日々のなか実践している、独自のストレス発散法を教えてくれました。

ストレス発散のつもりだったクレーンゲームが趣味になっちゃった

みなさん、毎日ストレスためてますか? わたしはためてます。 2018年の冬、わたしはストレスを発散させてくれるものに出会ってしまったのです。

ある日、ショッピングモールで買い物をすませたわたしの目に大きなぬいぐるみが映りました。吸い寄せられるように入ったのはゲームコーナー。

●自分でも驚くほど夢中になってしまった いつもなら、子どもたちの好きなキャラクターを見つけても「クレーンゲームなんて、どうせ取れやしない…」と通り過ぎていたのに、この日のわたしは違いました。 なんの躊躇もなく100円玉を1枚投入していたのです。 この1回によって自分のなかのなにかが目覚めるとも知らずに…。

なんということでしょう。わたしはこのいじわるなクレーンとの駆け引きにまんまと、ときめいてしまったのです…! 取れそうで取れない…その感覚を楽しむように、わたしは次々と100円玉を投入。クレーンの誘いに乗って千円札を1枚両替してしまうほどに夢中になっていました。 そして気がつけば14回目…。

なんと、ぬいぐるみの頭が景品を落とす穴の上に…! ここまできても「きっと取れない」とわたしは思っていました。 “よくない方”を想定するのが癖なのです。

「とれたーーーーーー!!!」

自分の心臓が激しく鳴っていることに驚きながら、興奮がおさえきれず浮かべてしまった笑みをぬいぐるみの帽子で隠し、わたしはそそくさとショッピングモールを後にしたのでした。 その喜びは抱えきれないほど大きく、そのとき描いていた漫画の中にこの日のエピソードをねじ込んだほどです。(『つま先立ちのサンちゃん』147ページ参照)

【関連記事】