Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大物俳優が「25年前の差別発言」めぐって女優とバトル、炎上状態に

配信

女子SPA!

 数々のヒット作に恵まれ、各映画賞で多数受賞するなど、輝かしい経歴を持つメル・ギブソン(64)。自身の問題行動や暴言によりいったんは米映画業界を干されたが、数年前には完全復活を果たした。ところが、有名女優のウィノナ・ライダー(48)が最近のインタビューで、過去にメルから差別的な言葉を吐かれたと暴露したことから、再び批判にさらされている。

大物俳優がパーティで差別用語を連発か

 先日、イギリスの新聞『The Sunday Times』のインタビューに答えたウィノナは、約25年前にメルから差別的な言葉を投げかけられたことを明かした。1990年代にあるパーティーに参加した際、メルはウィノナの前で「OvenDodger(オーブンから逃れた人)」と発言したという。  この「OvenDodger(オーブンから逃れた人)」とは、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)で焼却を免れたユダヤ人生存者をさす言葉で、強い差別用語として知られている。  実はウィノナは、2010年にも男性誌『GQ』のインタビューでメルの差別発言について言及し、その事実を誰からも信じてもらえなかったと当時語っていた。そして今回、『The Sunday Times』で再びこの件に言及したウィノナはさらなる詳細を語り、メルが反ユダヤ発言だけでなく、同性愛の友人に差別的な言葉を浴びせたことも明らかにした。 「大勢の人がいるパーティーで、自分はゲイの友人と一緒にいた。メル・ギブソンは葉巻を吸っていてね。皆で話していた時、彼が私の友人にこう言ったの。『ゲイは誰だ? 待て、俺はエイズにかかってしまうのか?』って。その後ユダヤ人の話題になり、彼から『君はoven dodgerじゃないよな?』って言われたわ」  当時、この発言に動揺したとウィノナは振り返る。 「信仰心が強いわけじゃないけど、私は(自分をユダヤ人として)認識している。家族のなかには収容所で亡くなった人もいるから、私にとっては口に出しづらいことなの」

【関連記事】