Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<ハケンの品格>2週連続トレンド入りの反響!大泉洋“東海林”「やっぱり好きだ」で三角関係が加速

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

篠原涼子主演ドラマ「ハケンの品格」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第6話が7月22日に放送された。東海林(大泉洋)の意味深発言などが話題となり「#ハケンの品格」が2週続けてトレンドトップ10入りを果たす注目を集めている。(※以下、ネタバレがあります) 【写真を見る】「そのムダきわまりないモジャモジャを何とかしなさい!」春子(篠原涼子)の一喝にたじろぐ東海林(大泉洋)。いい関係! ■ 「聞けよ!泣きごと言いにきたんだから」 同作は、スーパー派遣社員・大前春子の活躍を描いた「ハケンの品格」(2007年)の続編。膨大な資格とスキルを武器に腕一本で生き抜く一匹オオカミの“最強派遣社員”春子が、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」など、“令和時代の新たな働き方”に立ち向かっていく。 6話では、里中(小泉孝太郎)が大事にしてきた「まごころ弁当」がAIによってリストラ対象に。製造元の「隅田フーズ」のことも考え、春子がAIの判断にNOを突きつける展開だった。 一方、5話で本社勤務に復帰した東海林との“舌戦”もますますヒートアップ。冒頭から、天然パーマをネタに「そのムダ極まりないモジャモジャをどうにかしなさい!」(春子)、「これは別にムダじゃねえ、大事な髪なんだ。それでなくても最近ジワーッと合理化進んでんだ。ペーパーレスだ…誰がペーパーレスだ!!」(東海林)という軽快なやり取りも飛び出した。 そんな2人だが、13年前には東海林が春子にプロポーズした過去も。春子がこんなに絡むのも東海林だけであり、お互いに今も気になる存在であることが随所からうかがえる。 6話では、下請けの切り捨て役を担わされ春子に思わず愚痴をこぼした東海林。春子に「泣きごと言いにきたんだったら帰ってください」と冷たくされ、「聞けよ!泣きごと言いに来たんだから。相変わらず、ひどい女だよな。ひどいってわかってても…やっぱり好きだ!」と意味深発言。進展を期待する視聴者を賑わせた。 ■ 新たなスタートを切るラストの爽快感 その後すぐ「いや…会社がだよ、会社。俺は会社を愛してる」と続けた東海林。ギリギリのところで2人に進展はなかったが、「今は、あんたたち派遣のことも“仲間”だって思ってるからな」と、東海林なりに明らかな心境の変化も覗かせた。 前作から続くもどかしい関係に、視聴者からは「キュンキュンした!」「これがハケンの品格だよね!この2人はこの距離感がいい」「春子の前でなら弱音吐ける東海林さん、東海林さんの前では人間らしくなる春子。本当にお似合い」「春子と東海林さんが結ばれることを願ってる!!」といった反響が続々。 AIよりも広い視点で未来を見据えた春子の決断で隅田フーズが新たなスタートを切るラストの爽快感もあり、Twitterでは先週に続きこの日も「#ハケンの品格」がトレンドトップ10入りを果たした。 だが、春子を13年間思い続けていた人物がもう一人。次回7話の予告動画では、里中が春子に「公私ともに僕のパートナーになってください!」と思いを伝える衝撃シーンが登場。ラストに向けて新たな“三角関係”がさらに加速しそうな勢いを見せている。 (ザテレビジョン)

【関連記事】