Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本人は老後資金に楽観的すぎ? 退職準備スコアが示す現実

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

フィデリティでは2019年秋に、米国、カナダ、英国、ドイツ、香港、日本と、世界的な規模でアンケート調査を行い、現状の退職準備がどれくらい進んでいるかを分析・比較しました。 「日本の退職準備に対する主観的評価と客観的データのギャップ」等の図表を見る その「フィデリティ退職準備スコアの国際比較」からは、われわれが退職準備を確かなものとするために何が必要となるかについて多くの示唆が得られます。今回はそのなかでも退職準備に対する予想以上に楽観的になっている日本の姿を紹介し、啓発努力が重要であることを考えてみます。

国際比較でみる日本の現状―退職準備に楽観的

日本のフィデリティ退職準備スコアの中央値は75ポイントで「要注意」水準でしたが、全体の分布もかなり幅広くなっていることがわかります。 「計画通り」の水準が全体の30%、「警戒」水準も36%です。その中間に相当する「あと一歩」と「要注意」の合計は34%ですから、それぞれほぼ3分の1ずつの水準であることがわかります(詳細は『日本人の老後資金は「要注意」水準。退職準備スコアで把握する現状』をご参照ください)。 これはアンケート調査を実施した6か国・地域でもよく似た傾向がみられます。中央値の引き上げには、「警戒」水準の比率を引き下げることが重要だとも言えます。 アンケート調査では、自身の退職準備の進捗状況を、スコアの4分類と同様の定義で自己評価する項目も用意しました。これによって、客観的な評価であるフィデリティ退職準備スコアと、主観的な評価を比較することができます。 特に気になるのは、日本の「警戒」水準に対する主観的な評価と客観的な評価のズレの大きさです。主観的評価で「警戒」水準にあるとした人が14%しかおらず、客観的評価の36%を大きく下回りました。その差は22ポイントになります。 同様の比較を英国でも行ったのですが、28%と41%で、その差は13ポイント、ドイツでも14ポイントでしたので、日本の場合には、退職準備の遅れに対する認識がかなり不足しているのではないかとみることができます。

実際には「警戒」水準なのにその6割が楽観

さらに日本のスコアで「警戒」と分類された人たちの主観的評価を調べてみると、自身で「警戒」水準だとわかっていたのはわずか20%でした。 逆に「計画通り」とみている人は20%、「あと一歩」とみている人が39%となり、併せて6割近い人が実際には「警戒」水準なのに、自身の評価では楽観的になっていることがわかります。 また、本人の評価では「計画通り」に進んでいるとみている人の55%は残念ながらその水準まで達成していないこともわかりました。 こうした退職準備の遅れに対する認識のギャップは予想外に大きく、啓発活動の重要性が高いことを示しています。 <<これまでの記事はこちらから>>

野尻 哲史

【関連記事】

最終更新:
LIMO