Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

二度のリードを追いつかれながらも、鵬学園が3-2で競り勝ち、準決勝進出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 7月18日、石川県の金沢大SOLTILO Bなどで石川トップリーグトーナメントの1回戦が行われ、鵬学園と日本航空石川が対戦。二度のリードを追いつかれながらも、鵬学園が3-2で競り勝ち、準決勝進出を決めた。 【フォトギャラリー】鵬学園 vs 日本航空石川 「微妙な試合になってしまった。プレッシングがまだまだ甘く、2点目が入ってからようやくスイッチが入った」。試合後、赤地信彦監督が苦笑いした通り、課題が散見するゲームとなったが、それでも勝ち切るのは昨年度の選手権出場校としてのプライドだ。10番鈴木嶺騎だ「練習試合とは違って、空気が違う。絶対に勝たなければいけないという気持ちが強くなる。自分たちは前年のチャンピオンとして絶対に負けちゃいけないチーム」と口にする。  序盤は、「立ち上がりから航空が前から来ていたので、飲まれないようにプレーしようと思ったけど、久しぶりの試合で難しさがあった。自分たちがボールを持つ時間が少なかったし、セカンドボールがまったく拾えなかった」(鈴木)。苦しいチームを牽引したのは、11番判治海斗。「考えてプレーするのは苦手なので、とにかくガムシャラに頑張ろうと思っている」と話すエースが、スペースへの飛び出しから力強い突破を繰り返し、攻撃を活性化させていく。前半10分に右サイドを抜けた判治がゴール前にパスを展開。9番佐藤瑠哉のポストプレーから、6番水陸也が決めて先制点をマーク。12分には、右CKのこぼれを拾った判治のクロスを、5番安田圭佑が頭で合わせたが、1番鶴田峻亮の好セーブに阻まれた。  鵬学園が1点リードで迎えた後半は、逆転を狙った日本航空石川が盛り返す。8番中村駿太と14番福岡天馬のダブルボランチを中心に大きな展開を繰り返し、9番笹木隼輔らが果敢にゴールを迫った。「相手の雰囲気に飲まれて、ボールウォッチャーになり過ぎた。凄く食いつく相手に合わせて、逆サイドが空き過ぎた」(4番内山仁)鵬学園の守備を突くと、後半10分にはFKのこぼれ球を13番高橋海侑斗がプッシュ。再度、ゴール前にこぼれたボールを小森楓が押し込み、同点に追いついた。

【関連記事】