Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島 西川&松山の適時打で逆転「何とか粘って」

配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト-広島」(1日、神宮球場)  広島が三回、逆転に成功した。先頭のピレラが二塁への内野安打で出塁し、続く菊池涼が2打席連続の犠打を決めて1死二塁。3番・西川がヤクルト先発・スアレスの152キロを三遊間へはじき返して同点。西川は「追い込まれていたのですが、何とかランナーを返せて良かったです。いいところに飛んでくれましたね」と振り返った。 【写真】雨中で魅せた!広島・龍馬の技あり同点打!  4番・鈴木誠が内野安打でつなぎ、一、二塁の好機で5番・松山がファウルで粘りながら11球目のチェンジアップを右翼へ運ぶ適時打で勝ち越しに成功した。松山は「何とか粘って食らいついていくことができました」とコメント。松山は6月26日の中日戦(ナゴヤドーム)から1軍に昇格。翌日27日の同戦で今季初適時打を放っており、ポイントゲッターとしての役割をしっかりと果たしている。

【関連記事】