Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「免疫力アップ=美腸」!『スッキリ』出演の野菜ソムリエプロAtsushiがコロナ禍にオススメの生活習慣とは? #コロナとどう暮らす

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHION BOX

免疫力アップのためには、外側からだけでなく内側からのアプローチも大切です。そこでまず注目したいのが“腸”。腸内環境を整えれば、ウイルスに負けない体になるだけでなく、マインドやエイジングケアにもいい効果をもたらしてくれるんだとか。ファッション&ライフスタイルプロデューサーのAtsushi先生に、“美腸”になると期待できる“いいこと”を教えていただきました。

腸を整えて健康・ハッピーに!

免疫力アップに一番必要なことは“腸をキレイにすること”、これに尽きます。健康で美しい腸=美腸は、美容・健康・マインド、すべての最も重要な要です。 古い便が詰まっていない腸内環境の整った美しく健康な腸は、食べたものの栄養素をきちんと吸収し、すぐに体を巡るので、すみずみにまで栄養が行き届き、肌も髪もキレイになり、また体調もよくなります。でも便秘気味で腸自体が汚れていると、毒素がきちんと体外に排出されず、悪玉菌も増え、どれだけ体にいいものを食べても腸がそれを吸収できません。だからまずは腸内環境を整えて美腸を育めば、免疫力が上がり、風邪をひかない、ウイルスにも負けない体になります。 さらにもうひとつ。腸がキレイになるとセロトニンが作られます。セロトニンとは感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっている、脳内で働く神経伝達物質のこと。別名“ハッピーホルモン”とも呼ばれ、セロトニンが増えると気持ちが和むだけでなく、物事を前向きに捉えられるようになります。今の時代、ポジティブでいることってすごく大事。セロトニンは約9割が腸で作られているため、腸内環境が悪く便秘気味の人はセロトニン不足となり、イライラしたり、ネガティブになったりします。腸のコンディションはマインドにも大きな影響を与えているのです。美腸がどれだけ大切かおわかりになったでしょうか。

免疫力をアップする食事とは?

腸内環境を改善するには食物繊維、発酵食品に含まれる乳酸菌、オリゴ糖を含む食材を意識して日々の食事に取り入れ、バランスのとれた健康的な食生活を送ることです。腸内環境が整うことで免疫力は高まりますが、加えて抗酸化作用のあるビタミンCとβ‐カロテンを日々意識して摂取することも免疫力アップにおすすめです。ビタミンCはウイルスと戦ってくれる白血球の働きを強化して免疫力を高めます。ミネラルウォーターに無農薬のレモン一個を皮ごと入れて作るレモンウォーターは、もう8年間ほど続いている毎日の習慣ですが、おかげでこの8年間一度も風邪をひいていませんし、花粉症も全くありません。 また、β‐カロテンは緑黄色野菜に多く含まれ、喉や鼻の粘膜を強化しウイルスから守ってくれる働きがあります。脂溶性なので油と一緒に摂ることで吸収率が上がります。炒めたり、サラダのドレッシングにごま油やエクストラバージンオリーブオイルなどをぜひ加えてみてください。

【関連記事】