Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

再生可能は電気だけにあらず。エコでレトロ・フューチャリスティックなEVバイク「Tarform Luna」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

未来的な起動音

キーレス起動する「 Tarform Luna」。こちらがそのときの起動音とのことですが、未来的でカッコ良いです。 またこのバイクは、ピーターセン自動車博物館で展示もされました。 この投稿をInstagramで見る Electric Revolution is the world’s first exhibition featuring only electric motorcycles. We are honored to be part of the revolution and present the first Tarform Prototype at the Petersen Automotive Museum in Los Angeles. photography by @ryanhandt #tarform #motorcycle #electricmotorcycle #scrambler #caferacer #ev #losangeles #electricrevolution #petersenautomotivemuseum T A R F O R M(@tarform)がシェアした投稿 - 2019年 4月月6日午後1時12分PDT

こだわりの末の価格

「Tarform Luna」は、最初の54台がお試しということで2万4000ドル(約259万円)にて予約を開始しています。そして市販される最初のモデルは「ファウンダー・エディション」というバージョンで、4万2000ドル(約452万円)になるとのこと。お高いのにはいろいろと理由があるかと思いますが、コンピューターで設計されたCNC部品や手作りのアルミ製ボディーパネルといった、こだわりのパーツ類もそのひとつかと考えられます。 この投稿をInstagramで見る Designer and CEO of Tarform, @taraskr, put in all the hours to make our bike what it is. Shaping the body to perfection was part of those hours. #tarform #buildingforthefuture #motorcycle #electricmotorcycle #tarformmotorcycles #scrambler #caferacer #concept #future #engineer #3dprinting #custompaint #additivemanufacturing #ev #video by @ryanhandt T A R F O R M(@tarform)がシェアした投稿 - 2018年12月月5日午後3時16分PST もうこれからは、二酸化炭素を出さないだけでなく、自然に還る部品を使用することも、EVバイクに求められるのかもしれませんね。 Source: vimeo, Instagram via TARFORM via THE DRIVE, electrek

岡本玄介

【関連記事】