Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「週刊文春」新谷学編集局長インタビュー「スクープこそ、我々の生きる道」(下)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
nippon.com

加部 究

「かつて週刊誌はメディア界の最下層の存在だった」と「週刊文春」新谷学編集局長は語る。しかし、今や立場は逆転。「週刊文春」のスクープをテレビも新聞も競って後追いするようになった。メディア界の高嶺を仰ぎ見ていた男はどうやってその逆転現象を起こしたのか。

潮目の変化を実感したNHK紅白プロデューサー横領事件

週刊誌はメディアの情報ヒエラルキー(階層組織)の最下層だった――。 現在、「週刊文春」編集局長を務める新谷学氏の述懐である。 1989年に文藝春秋に入社した新谷氏が初めて「週刊文春」に配属されたのが30歳。情報を取る術もないので、ひたすらオウム真理教の南青山道場に通い、新聞社の社会部記者たちと名刺交換を繰り返した。 「ヒエラルキーの頂点にはNHK、次に大手新聞、テレビの順です。当時の仕事は新聞社の政治部、社会部、経済部などのエース記者に気に入ってもらうこと。何も分からないので教えてください、と図々しくレクチャーを受けていました。ウチでは書けないからいいよ、と“おこぼれ”を頂戴する記事が多かった」 潮目が変わったと実感したのは、特集班のデスクとして、2001年に紅白歌合戦プロデューサーの横領を暴いた時だった。 「プロデューサーが勤務実態のない放送作家に金を振り込む形を取り、後からキックバックをしていた事件でした。相手は最強のNHKです。決定的な証拠が欲しかったので、中村竜太郎記者(当時、現在フリー)を1カ月間近くも潜伏させたら、支払明細書を入手してきた」 「結局、プロデューサーは逮捕され、新聞全紙、各テレビ局が追いかけ、私と中村記者は“ハイ、次、読売さん、では毎日さん、どうぞ”と、連日、コンタクトを取って来る記者たちにレクチャーをする側に回った。これって昔と完全に逆じゃん!と感慨深かったですね」 情報を持つ側が主導権を握り、状況をコントロールできる。これがオレたちの生きる道だと確信した。 「紅白プロデューサーの横領事件は、やがて受信料不払い運動に発展し、NHKの改革にもつながりました。世の中に多少なりとも良い影響を与えたと思います」 「それ以降、『骨はしっかり拾ってやるから、スクープを持って来い!』とますます記者の尻を叩き続けた。2004年の福田康夫官房長官の国民年金未納・未加入問題や2003年の大島理森農水相秘書の贈収賄疑惑など、政治家のスクープを連発した頃には、新谷班を“殺しの軍団”と呼ぶ人までいました」

【関連記事】