Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『MIU404』と『アンナチュラル』がクロスオーバー 大倉孝二と吉田ウーロン太が同役で出演

配信

リアルサウンド

 7月10日放送のTBS金曜ドラマ『MIU404』第3話に、2018年1月期に同枠にて放送された『アンナチュラル』に出演した大倉孝二と吉田ウーロン太が、同作と同じキャラクターの毛利刑事、向島刑事としてゲスト出演することが決定した。 【写真】2018年に放送された『アンナチュラル』  綾野剛と星野源が2017年10月期放送の『コウノドリ』以来、2年半ぶりに共演を果たす本作は、1話完結のオリジナルドラマ。脚本を野木亜紀子、プロデュースを新井順子、監督を塚原あゆ子がそれぞれ務め、『アンナチュラル』以来の再タッグを組む。また、主題歌を米津玄師が担当する。  本作では、警察内部で“何でも屋”と揶揄されながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルである「機動捜査隊」(通称:機捜)が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す模様が描かれる。タイトル『MIU404』の“MIU”とは、Mobile Investigative Unit(機動捜査隊)の頭文字であり、“404”は綾野と星野が演じる機動捜査隊員の2人を指すコールサインを指す。そのほか、岡田健史、橋本じゅん、麻生久美子が同じ機動捜査隊メンバーとして出演する。  第3話では、西武蔵野署管内で続発するわいせつ事件、そしてその事件の捜査をかく乱するように頻発するイタズラ通報の捜査に、伊吹(綾野剛)、志摩(星野源)ら4機捜メンバーが乗り出す。もともとは3機捜のヘルプで入った4機捜メンバーだが、西武蔵野署からの正式な捜査協力依頼を受け、毛利、向島とタッグを組んで事件に隠された真相を追うことになる。  『MIU404』と『アンナチュラル』のコラボが実現することについて、両作のプロデュースを務めている新井プロデューサーは、「『MIU404』と『アンナチュラル』の世界はつながっていて、どこかでミコト(『アンナチュラル』の主人公)も生きていると思っている」と話している。 ■コメント ・大倉孝二 西武蔵野署の毛利刑事という役を、やらせていただくことになりました。これは以前、『アンナチュラル』というドラマでやらせていただいた役でして、お話をいただいた時は意味がよくわかりませんでした。未だによくわかっていませんが(笑)、勝手に受け取ったありがたみを噛みしめながら、ドラマに貢献出来るよう励みたいと思います。 ・吉田ウーロン太 まさか『アンナチュラル』の世界線とリンクしてるとは、僕が向島役じゃなくても興奮します。『アンナチュラル』は2017年に撮っていたので、3年も前の役が出来るかなあとやや不安でした。でも今回『MIU404』の台本を読んで「そうだそうだ、向島はこんなこと言うやつだった」と思い出しています。現場で大倉さんにお会いして「そうだそうだ、こんな上司だった」と思い出しました。ご覧になる皆さんの心にも「そうだそうだ」がこだますることを願っています。

リアルサウンド編集部

【関連記事】