Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

距離保つ「木」設置 西田哲学館

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北國新聞社

 かほく市の石川県西田幾多郎記念哲学館で5日、学術資料を「木」に見立て、屋内のベンチ2カ所の中央に置いて、座る人に約2メートルの社会的距離の確保を促す取り組みが始まった。

 学術資料の整理や活用を手掛ける合同会社AMANE(能美市)と、金沢市尾山町のデザイナー原嶋亮輔さん(40)が共同で企画したプロジェクト。幾多郎の直筆原稿の一節や日記の一部分などを巻き付けた高さ約40センチの「木」をベンチに置いた。社会的距離の「起点」と資料との出会いが生まれるという「機転」を掛けて「キテンの木」と名付けた。

 1日から、大阪市立中央図書館でも実施している。今後もプロジェクトに協力する文化施設を募る計画で、原嶋さんは「病院や老人ホーム、カフェ、レストランなど資料館の外にも広げ、学術資料に触れる機会を増やしたい」と話した。

北國新聞社