Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャサリン妃、挙式前にドレスのデザイナーをメディアに暴露され…「涙」

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

2011年に行われたウィリアム王子とケイト・ミドルトンの結婚は、1981年のチャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚式以来30年ぶりのビッグなロイヤルウエディングということもあり、注目度はかなりのものだった。見ている私たちの側からすれば、式は計画どおりに進んでいたように見えたが、実際には挙式の前にいくつか大きな問題が発生していたとされている。 【写真】徹底比較! ウィリアム王子夫妻 VS ヘンリー王子夫妻の結婚式 王室担当記者のケイティ・ニコルは、イギリスのドキュメンタリー番組『Secrets of the Royal Dressmakers(ロイヤルドレスメーカーの秘密)』のなかで、キャサリン妃はウエディングドレスの制作を依頼したデザイナーを秘密にしていたが、それがメディアに暴露されてしまったことにショックを受け、涙を流したと語っている。 ロイヤルウエディングで最も注目されることのひとつは、誰がドレスをデザインするのか、そこにはどのような思いが込められているのか、ということ(キャサリン妃のドレスの場合、肩から袖の部分に使われたレースに、それぞれイングランドとウェールズ、スコットランド、北アイルランドを象徴するバラ、ラッパズイセン、アザミ、シャムロックの刺繍が施されていた)。

そのドレスをデザインしたのが、「職人の腕前と伝統的な技術を大切にしていることで知られる」ブランド、アレキサンダー・マックイーンのクリエイティブディレクター、サラ・バートン。『サンデー・タイムズ』紙がそれを突き止め、結婚式のおよそ2カ月も前に報じた。 それがキャサリン妃とその周辺の人たちを動揺させたのは間違いない。ケイティは、「キャサリン妃は秘密を守り抜くためにあらゆる努力を払っていましたから、舞台裏では涙を流されていたと思いますよ」と明らかにしている。 だが、幸いなことにドレスが実際にはどのようなデザインになるのかということまでは、誰にもわかっていなかったそう。そのため、デザイナーの名前が暴露されたことで、計画のすべてが台無しになってしまうということには至らなかったのだという。

From COSMOPOLITAN

【関連記事】