Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Gunosy、ニューノーマルな働き方を推進 Gunosy Workstyle(グノスタ)を始動

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

Gunosyは、新型コロナウイルスの影響の長期化に向けて、ニューノーマルな働き方を推進し、生産的に働けるよう、「Gunosy Workstyle(通称:グノスタ)」を始動したと発表した。 同社は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月17日より、感染拡大の状況に応じながら対応策を変更し、現在も安全確保を最優先に取り組んでいる。長期化する新型コロナウイルスの影響を鑑み、afterコロナに向けて段階的にGunosyらしい新しい仕事の仕方・働き方・コミュニケーションを模索していくとのことだ。 グノスタの目的は、ニューノーマルな働き方に対応し、afterコロナでも生産的に働けるようにするため。 概要は以下。 1.リモートワークを軸にした生産性の追求  ・課題や場面に応じて、リモートワーク/出社を使い分け(リモート/出社mixの働き方)  ・出社日の設定 (コロナの感染拡大の終息後、事業部/職種ごとに設定)  ・クラウドツールの活用や業務フローの再定義 2.フレキシブルな働き方による社員の多様性の許容  ・リモート推奨、片道2時間圏内に住居推奨  ・コアタイム、フレキシブルタイムの設定(ライフステージやキャリアの変化に合わせた柔軟な働き方) 3.人材の交流・学習文化の醸成によるノウハウの積み上がり  ・オンボーディング期間の設定(新入社員は期間中、通常の出社日とは別に出社日を設ける)  ・リモートワークにより損なわれやすいコミュニケーションの強化 なお、同社は9月よりグノスタを順次開始。 Gunosyは、働き方(リモート/出社mix)に合わせ、コミュニケーションの取り方やオフィスの在り方を再定義するとともに、今後もリモート環境下での安全の確保と持続可能なサービス提供を引き続き目指し、社会情勢に応じた迅速な対応を行っていくとしている。

【関連記事】