Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロバート・F・ケネディの孫が、トランプ大統領の娘婿の「コロナ不手際」を内部告発

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハーパーズ バザー・オンライン

 元上院議員で司法長官、大統領候補のロバート・F・ケネディの孫、マックス・ケネディ・ジュニアが内部告発者として『The New Yorker』誌に名乗り出て、トランプ大統領の娘婿であるジャレッド・クシュナーの新型コロナウイルス任務部隊の不手際を暴露した。  26歳のマックスは、友人からクシュナーの任務部隊でボランティアとして働くことを勧められ、トランプ政権の新型コロナウイルス対策に関わるようになった。大統領の娘婿で上級顧問であるクシュナーが無給で働ける若者を探していると、その友人は説明したという。  マックスは民主党だが、共和党が率いるグループに加わることは適切なことだと決心。「未曾有の時でした。政治的なこととは思えませんでした。政権よりもっと大きなことに思えたのです」と、彼は『The New Yorker』誌に語った。 【写真】ワシントンDCでイヴァンカ・トランプ&ジャレッド・クシュナー夫妻が住むのはこんな家 クシュナーの下で働いた間に見たものに対して守秘義務契約にサインしていたにもかかわらず、彼は止むを得ず、ホワイトハウスの新型コロナウイルスのサプライチェーン任務部隊の内部活動の詳細を連邦議会に匿名でレポートした。 「それは家族事務所が組織犯罪と出会って『蠅の王』と混ざったようなもので、政府はカオス状態だった」 マックスは、医療分野で何の経験もない自身と他の20代の若者が、自分のラップトップとメールアドレスを使って、国のために必要に迫られている個人用防護具を調達する任務を与えられたという。 「僕たちはチームでした。僕たちだけが連邦政府のために働く最前線チームだったのです」。さらに「この100年で最大の危機に立ち向かうのではなく、放課後のイベントに何人かが姿を見せるというものでした。ひどい人事のミスマッチでした。過去最大の動員問題のひとつでした。信じられないほど巨大で膨大でした。彼らはもっと人員を増やしたいと思っていないことにイライラしました」と、付け加えた。

【関連記事】