Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スズキ RG250Γシリーズは高年式ほどタマ数減少〈’80年代名車購入ガイド〉

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

日本車の絶頂期だった’80年代の名車たちに“高騰”の波が押し寄せている。超プレミアマシンと化した’70年代車のような状況ではまだないものの、現実的な価格で入手できる時間的猶予はそう長くないだろう。本記事では、市販バイク初のアルミフレームに国内初のカウルをまとい、2ストレプリカの礎を築いたスズキ・ガンマシリーズの状況をレポートする。 [関連写真×11枚]スズキ RG250Γシリーズは高年式ほどタマ数減少〈’80年代名車購入ガイド〉 ※本記事に掲載されている車両価格等は、取り扱い店舗における’20年6月時点の情報です(関連写真提供:グーバイク)。

過激さで有名、最後発の気合作にも注目

市販バイク初のアルミフレームに国内初のカウルをまとい、2ストレプリカの礎を築いたRG250Γ。パラツインと車体の熟成でライバルに対抗したが、’88でVツインのVガンマに全面刷新を遂げた。以降は電制化を進め、倒立フォークを獲得していく。そしてレプリカ人気が終息した’96年、まさかの完全新設計=VJ23Aを投入し、我々を驚かせた。タマ数は並列/Vとも同程度だが、やや並列の方が多く、’85~’86あたりが充実。高年式ほどレアになる。最終型は最も新しい250レプリカながら、ライバルほどには引き合いがなく、狙い目か。 〈写真01〉【’83 SUZUKI RG250Γ】■水冷2スト並列2気筒ピストンリードバルブ 247cc 45ps/8500rpm 3.8kg-m/8000rpm ■131kg(乾) ■F=100/90-16 R=100/90-18

実例物件サンプリング:’83-’85 RG250Γ〈GJ21A/B〉市場のほぼ半数を占める「パラガンマ」

●相場:55万円前後(約25~100万円) ●タマ数:多い アルミフレームほか初物尽くしのエポック作。パワーリードバルブによるパラツインは衝撃の45psを発生し、自主規制値の上限になるほどだった。ほぼ毎年改良を重ね、徐々に扱いやすく進化。’84からフルカウル仕様を設定した。販売期間は5年と長く、タマ数はそこそこアリ。程度と価格は千差万別だが、VJ21と同程度でやや高めだ。 〈写真02〉【’83 SUZUKI RG250Γ (GJ21A/B)】●当時新車価格:46万円 ◆サンプル1:’83-’85年式GJ21A/Bの場合 〈写真03〉■参考価格:49万8000円 ■年式不明 ■走行距離:14374km ●SHOP:サッシュ(京都府) ◆サンプル2:鉄板の”ダブダブ”ウォルターウルフ 〈写真04〉F1や全日本500+水谷勝で強いイメージを残したウォルターウルフカラーは、往年のライダーにとって垂涎モノ。相場はやや強気だ。並列時代のみのカラーで、紺×赤とシルバーがある。■参考価格:46万2000円 ■年式不明 ■走行距離:10842km ●SHOP:MOTOR HOUSE ロードマン(新潟県)

【関連記事】