Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名車「パジェロ」の運命やいかに!?【三菱巨額赤字のウラ側】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FORZA STYLE

ミツビシはマジでヤバイのか?

新聞各紙が大きく取り上げたのが三菱自動車の現状。どれどれと思い読み進めると、内容的には「コロナ禍で業績が悪化。名車パジェロを生産する象徴的工場を閉鎖する」というバッドニュース。 さらに読み進めると、同社はザックリ3600億円の赤字だとか。2020年も半期を終え各社とも定例株主総会を終えたタイミング。そりゃあ大騒ぎしますよね! と納得する反面、そういえば三菱自動車って4月末頃「メガバンクや政府系金融機関に総額3000億円の融資を打診」というニュースも流れていました。どういうことなんでしょう? そもそも今のご時世、三菱自動車に限らずコロナ禍で自動車各社は赤字です。同社がアライアンスを組むルノーが約9000億円、日産が6700億円、3社合わせてドンブリ勘定2兆円かよ! というアンバイ。各車の事業規模を考えると、三菱自動車の金額は相応、ヤバいのはむしろルノーかなと……。

大企業といえどもキャッシュは大事。ワレワレ個人のフトコロと何ら変わりはありません。あのトヨタでさえ1兆の資金調達に動いたといいます。そんな折、さらに流れてきたニュースは、トヨタがVWを抑え6年振りに首位へ返り咲き! という大見出し。ムムっ! であります。 先にトヨタのトピックに触れると、定時株主総会で豊田章男社長は新型コロナウイルス流行を「リーマン・ショックを上回る危機」としながらも、コスト削減に取り組んできた結果、2021年3月期の同社グループの連結営業利益は「黒字を確保できる」と発言。 今年の3月は減収したようですが、「トヨタは確実に強くなった」ことをアピール。また別の役員は、「国内生産300万台は死守する」と強調し、現在の国内生産水準を維持する考えを示したといいます。

さて、三菱自動車の件にハナシを戻すと、ワタシにはことさら大きく報道されているようにも感じます。同車は2000年代に入り、リコール隠しや燃費改ざん問題など、何かと定期的にネガティブな話題を提供。まさにニュースの宝庫状態が続いているのですが、アンタ反省しとるんか?って感情もあるんでしょうね。しかし、報道は必ずしも正義ではありません。 同社の決算報告を見ると2018年は黒字です。2019年は売り上げそのものはやや減少という感じですが、研究開発費が大幅に増え赤字に。そこへコロナですから大赤字になるのはやむを得ません。パジェロの工場は閉鎖を決めましたが、前後して小型EV用の新規工場を建設することをアナウンス。小型EVやPHEVの量産をいち早く成し遂げた同社ならではの決断かと思います。 三菱自動車に対し、ワタシのようなクルマ好きのオッサンが願うのは“ランエボとパジェロの復活”です。ランサー・エボリューションはランチア撤退後の90年代WRCを席巻。市販車も大変スパルタンであり、また最終型は上質感さえ漂うプレミアム・スポーツに成長。レースカーのレプリカ的存在を脱したじつにいいクルマだったと思います。 SUVブームも手伝ってパジェロは売れに売れましたね。最多月販記録は9,000台オーバー。この数字はまさに金字塔であり、時代のモテ車であったことを物語ります。そんなパジェロもモデル毎に「肥大化=売れない」を最大要因とする論調もありますが、ワタシはそうは思いません。

【関連記事】