Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<WKコラム>Rain(ピ)、突如巻き起こった「1日1GANG」ブームとは? 酷評を笑いに変えて楽しむ姿に好感度UP! 

配信

WoW!Korea

韓国の音楽界では、しばしば「ヨクチュヘン」(逆走行:曲を発表したときは注目を浴びなかったのに、しばらく経ってから音楽チャートで徐々に順位が上がっていくこと)が起こる。代表的な“ヨクチュヘン・ソング”というと、「N.Flying」の「Rooftop」、「EXID」の「UP&DOWN」、「PENTAGON」の「Shine」などが挙げられるが、全てSNSでの口コミがきっかけだった。 Rain(ピ)のプロフィールと写真 今年に入り、新型コロナウイルスの影響で、おうち時間が増えると、YouTube動画で「タルゴナコーヒー」の作り方動画がバズり、大流行した一方、音楽では「2PM」の「My House」が話題に。特に、ジュノの「My House」チッケム(推しカメラ)が注目され、「今さらながらジュノの良さを知った」という人が急増。入隊中なのを残念がり、除隊を心待ちにしながら、「My House」が“ヨクチュヘン・ソング”となった。 そんなジュノに続き、YouTube動画で改めて火がつき、いま最も旬なのがRain(ピ)だ。「GANG」の振付をマネする「GANGチャレンジ」、1日1回は「GANG」のMVを見ることを意味する「1日1GANG」という新造語まで誕生した。 「GANG」は2017年12月にリリースされたミニアルバム「MY LIFE愛」のリード曲。当時、同曲は、歌詞も曲も、振付も「陳腐」、「時代錯誤」だと酷評され、音楽サイトで100位にも入らないという屈辱を味わった楽曲だ。 それが、ある女子高生が同曲のカバー映像をYouTubeにアップしたのがきっかけで、たちまち「GANG」に再スポットが当てられた。「GANG」のオフィシャルMVはインターネット上でも最初は笑いの種となり、酷評コメントが相次いでいたのが、少しずつそれを面白がるコメントに変わり、情勢は逆転。Rainならではのレトロな感性も再評価され、いまや一大ブームになっているというわけだ。 そんな中、ついにその主人公であるRainが5月16日(土)に放送されたバラエティ「遊ぶなら何する? 」(MBC)に出演! たっぷりと「GANG」ブームについて語った。 「GANG」はいまでこそ、「ヨクチュヘン・ソング」に変わったが、「1日1GANG」ブームの始まりはどちらかというと、世間が面白がる、Rainイジりに近い感じだった。 Rainは「なぜ突然、話題になっているのか、寂しい」と話し、「なぜ、1日1GANGなのか。1日3GANGしなきゃ」と冗談を飛ばし、この社会現象をクールに笑いながら受け入れた。 当時、「GANG」が酷評されたことも、「ダサくて、イマイチだったんでしょう」と分析し、「昔はダンス歌手というと、ステージをぶっ壊すぐらいの勢いが普通だった。でも、いまはカメラを見るのがダサく、上手く踊りすぎてもダサい」とトレンドの移り変わりも説明。 いまでは、Rain本人もこのブームを面白がっているようで、「もっと遊んでほしい」、「僕は1日7GANGしている(笑)。でも、1日12GANGしている方もいた。最近バラエティより、(YouTubeに書き込まれる)コメントを読む方が面白い。まだまだ(コメントが)ほしい」と余裕のリップサービスで、器の大きさを見せた。 また、番組では「GANG」に関連し、10年目のファンがオンラインで公開したRainへの禁止事項をまとめた「時務20条」なるものも紹介。「おどけた表情禁止」、「唇を噛む仕草禁止」、「ウインク禁止」、「曲の途中で拍手をしながらリズムに乗ること禁止」、「きらびやかな照明禁止」、「2020年現実を直視すること」、「過去にしがみつかないこと。自己陶酔禁止」、「プロデュースから手を引くこと」などユニークな項目ばかり。 受け入れられるものと受け入れられないものがあるというRainは、「きらびやかな照明」は絶対に譲れないとこだわりを見せるなど、率直な笑いを交えたトークセンスを見せ、いい感じに一皮剥けたなという印象を与えた。 奥さんである女優キム・テヒも、「GANG」ブームを好意的にとらえ、楽しんでいるそうで、一緒に「1日1GANG」していることも明かしたRain。この日の視聴率は前週8.2%から小幅上昇し、8.5%(ニールセンコリア調べ)を記録。彼の人柄や情熱、誠実さが垣間見られる回となり、ますますRainの好感度は上がったことだろう。「GANG」のヨクチュヘン、「1日1GANG」ブームはどこまで盛り上がるのか。アーティスト、俳優としての次の活動が楽しみだ。

Copyrights(C)wowkorea.jp

【関連記事】