Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元浦和レッズ 水内猛【YouTuber編】「目指せ、サッカー界の黒柳徹子」

配信

高校サッカードットコム

 浦和レッズ応援番組「REDS TV GGR」やテレビタレントとしても活躍する傍ら、自身のYouTubeチャンネル「水内猛のオフサイドぎりぎり!」を開設し活動の幅を更に広げている水内猛氏。2020年1月28日に開設したYouTubeチャンネルについて、詳しくお話を伺った。 ――最近「水内猛のオフサイドぎりぎり!」というYouTubeチャンネルを開設されました。YouTubeを始めたキッカケはなんでしょうか。  元々YouTubeに拘っていたのでは無く、仲間を集めてトークするような番組が出来たら良いなという構想がありました。テレビでやるのは簡単な事ではないですし、自分の思うままに作り上げるなんてことは基本出来ません。そんななか、何年か前に東京FMでラジオをやらせて頂いたことがあって。その際に、キャスティング等も自分で行ったのですが、元なでしこJAPANの丸山桂里奈を始めEXILEのNESМITH、ゴールデンボンバーの喜矢武豊、ラストはGLAYのTERUさんなどに出演して頂きました。オリンピックに合わせて、東京MXさんの番組のイチコーナーで、焼肉屋にアスリートを呼んでトークを行うコーナーをやったりもしました。それも自らキャスティングして、元ソフトバンクの松中さんや亀田興毅くんなどに来てもらいました。そういった事をやりながら、トーク番組作りの楽しみを感じていました。 ――水内さんのイメージを実行するには最高のツール、それがYouTubeチャンネルだったのですね。   そうですね。仲間の協力のもと、居酒屋などで話しながらサッカーについて語るYouTubeの番組をやりたいという話になりました。動画の編集は登録者数100万人を超える有名YouTuberを担当する専門の方々に相談しながらやっています。サッカーの練習動画などもやっていますが、それは難しい技よりも、初めてサッカーを始める子供達が取り組めるような練習メニューの動画を意識して投稿しています。練習動画は中々再生回数が最初ついてきませんが、後に他の動画の再生回数が増えるにつれて伸びてくると思い取り組んでいます。 トーク企画は岡野を皮切りに12月頃から撮影を初めました。トークの際には、幼少期からプロになるまでのエピソードトークやサッカーを始めたキッカケ、子供の時にしていた練習、オファーの話など、関係値があるからこそ聞けるような内容を盛り込んでいます。普段から知っている仲間ですが、二人きりで深く話す機会もなかなかないのでやってて新鮮です。 ――反響はいかがですか?   開設から3ヶ月程経ちますが、今のところ順調です。YouTube全体のユーザー層は30代から40代が少ないなか、その層の方々を中心に見て頂けているチャンネルのようです。更には、再生数の約半数が最後まで見て頂けているようで、分析班の方々からお褒めの言葉を頂けております(笑)。 自分のiPhoneで撮影しているのでトラブルなんかも付き物で。都築と撮影した時は、ちゃんと撮れていなかったアクシデント等もあり、やり直してもらったりもしました(笑)。今後、ベースボール5というハンドベースの日本代表の選考会やアジア大会出場へ向けてのチャレンジなど、サッカー以外のスポーツもやりたいです。その他にも新しい企画を考えていますので、ユーザーに楽しんで頂けるようこれからも自分も楽しみながら頑張ります!  サッカー界の黒柳徹子と呼ばれる日も近い!? 水内猛氏の今後の活躍からも目が離せません!

【関連記事】