Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菅首相、任命拒否の理由示さず 学術会議の在り方検討へ 梶田会長と会談

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
時事通信

 菅義偉首相は16日、日本学術会議の梶田隆章会長と首相官邸で15分間会談した。  梶田氏は、学術会議が推薦した会員候補105人のうち、6人を任命しなかった理由の開示と任命を求める要望書を首相に直接提出。この後、首相が任命拒否の理由を明確に説明しなかったことを記者団に明らかにした。 【図解】学術会議会員への任命が拒否された6人  首相も記者団の取材に応じ、「学術会議が国の予算を投ずる機関として国民に理解をされる存在であるべきだ」と梶田氏に伝えたことを表明した。首相によると、井上信治科学技術担当相と梶田氏を中心に、学術会議の在り方について検討していくことで合意したという。  6人の任命拒否が発覚してから首相と梶田氏が会うのは初めて。会談は梶田氏側が申し入れた。梶田氏は記者団に「未来志向で社会や国に対し、どう貢献していくかを話した」と述べた。  会談で首相は「学術会議としてしっかり貢献できるようやってほしい」と要請。梶田氏は政府への政策提言が不十分といった批判が出ていることを念頭に「発信力が今まで弱かった。早い段階からしっかり改革していきたい」と伝えた。 

【関連記事】