Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『スーパーマリオ 3Dコレクション』、海外メディアの反応は? 「お宝化必至」「奇妙」と様々な声が

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 任天堂は「スーパーマリオブラザーズ」の35周年に向けて大きな動きを見せている。9月3日、YouTube『Nintendo 公式チャンネル』で「スーパーマリオブラザーズ35周年 Direct」を公開した。 【写真】『スーパーマリオ 3Dコレクション』に収録された不朽の名作たち ・『スーパーマリオ』3タイトルが1つのソフトに  『任天堂』公式サイトでも、今回の発表の数々について大きく5つに分けて詳しく説明している(参考:https://topics.nintendo.co.jp/article/3e2e25a4-e4c6-4655-9b95-e068fbae4db8)。  その中でも、一際目を引くのが、Nintendo Switch『スーパーマリオ 3Dコレクション』だ。  『スーパーマリオ64』『スーパーマリオサンシャイン』『スーパーマリオギャラクシー』の3タイトルが1つのソフトに収録されて復活。Nintendo Switchでプレイしやすいように最適化されており、9月18日に2021年3月31日までの期間限定タイトルとして発売される。  ダウンロード版の価格は7,128円(税込)で、すでにゲーム取扱店、オンラインショップ、マイニンテンドーストアで予約受付を開始した(参考:https://topics.nintendo.co.jp/article/7cf8df83-5b12-4eac-8d61-01ae48b4e812)。 ・限定リリースには“奇妙”との声  『Forbes』は今回の発表の中で『スーパーマリオ 3Dコレクション』が間違いなく目玉だと報じている(参考:https://www.forbes.com/sites/davidthier/2020/09/03/nintendo-announces-limited-super-mario-3d-all-stars-in-new-nintendo-direct-and-its-releasing-this-month/#65f3e2862b42)。  2020年はコロナ禍に見舞われたこともあってか「今年は少し喜びが必要だ」と歓迎する。一方で、「唯一奇妙なことは、3月までの限定でリリースされることだ」とし「このようなものは以前に聞いたことがない」と同メディアは指摘した。 ・興奮と混乱、闇市場での取引を懸念する声も  『USA Today』も「ニンテンドーの展開方法はおかしい」と異口同音だ(参考:https://ftw.usatoday.com/2020/09/nintendos-super-mario-3d-all-stars-pack-has-fans-excited-and-confused-at-the-same-time)。  言うまでもなく、任天堂のファンはこれらのクラッシックなゲームの復活に非常にエキサイトしているが、それと同時に非常に混乱もしているという。  ゲームの物理的な在庫の数は制限され、ダウンロードは2021年3月31日までのみというのが理由だという。その後、ゲームはストアから削除され、再ダウンロードのみが可能になるため、販売終了後に「ブラックマーケット」で取引されるのではないかと、ファンから懸念の声が聞かれるという。  ゲームを限定でリリースする任天堂の目的は不明だが、それでも、とにかく人々は購入し、問題にはならないだろうとしている。  任天堂は限定版にすることで、特別なお祝いという雰囲気を出して、その後の“お宝化”を念頭に入れているのかもしれない。

Nagata Tombo

【関連記事】