Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アウトドア向けの車紹介 岐阜ヤナセ、ヒマラヤと共同フェア

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岐阜新聞Web

 輸入車ディーラーの岐阜ヤナセ(岐阜市金園町、近藤登志満社長)は16日、ヒマラヤと共同でスポーツタイプ多目的車(SUV)とアウトドア用品を展示する「SUVフェア&EQCキャラバン」を大垣市小野のメルセデス・ベンツ大垣で始めた。22日まで。  岐阜ヤナセが他社と共同で展示するのは初めて。コロナ禍によるアウトドア需要の高まりに対応する。  メルセデスのSUVを中心にしたアウトドアに向く3台それぞれに入門やカップル向け、家族向けのテーマを設定。ヒマラヤのプライベートブランド「VISIONPEAKS(ヴィジョンピークス)」のテントやチェアなどをテーマに合わせて実際の使用に近い形で展示している。また期間中は電気自動車「EQC」など7台の試乗もできる。  岐阜ヤナセの近藤謙次郎執行役員は「SUVはフルラインアップでそろっている。今後もショールームを活用してさまざまな企業とコラボしていきたい」と話している。来店は新型コロナウイルス対策で予約制。問い合わせは同店、電話0584(82)4300。

岐阜新聞社

【関連記事】